@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

姥皮【ウバカワ】

デジタル大辞泉

うば‐かわ〔‐かは〕【×姥皮】
昔話で、身に着けると老女の姿になるという想像上の。脱ぐと、もとの美男美女の姿に戻り、幸福になるとされる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

うばかわ【姥皮】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

姥皮
うばかわ

昔話。継子(ままこ)話の一つ。姥皮は、老婆の姿に身をやつすことができる着物の名。継母に憎まれた娘が、家を追い出される。乳母(うば)が、姿を変えるようにと、姥皮を与える。娘は老婆の姿で、ある町の旦那(だんな)の家の炊事女になる。姥皮を脱いでいるところを若旦那に見そめられ、結婚して幸せに暮らす。昔話では独立して語られることは少なく、大半は蛇(へび)婿入りの後段をなしているが、古く室町期には、単独で、物語草子の『うばかは』や『花世の姫』にもなっており、わずかながら、継子話に付随する昔話の例もある。江戸後期に筆録された「箱根の本地」は、継子話に姥皮が結び付いた例で、そこでは姥皮を鬼の宝物の一つに数えている。類話は外国にも多く、継子話のシンデレラと関連しながら、ヨーロッパを中心に広く分布している。

[小島瓔

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うば‐かわ ‥かは【姥皮】
〘名〙 着ると婆の姿、あるいは醜くなるという想像上の衣類。昔話の材料の一つで、独立した話は少なく、まま子話や蛇婿入譚(へびむこいりだん)等と結びついており、最後に姥皮を脱いで美男か美女になり、幸福な結婚にいたる。全国に分布し、室町時代にも同名の物語がある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

姥皮」の用語解説はコトバンクが提供しています。

姥皮の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation