@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

姫路藩【ひめじはん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

姫路藩
ひめじはん
江戸時代,播磨国 (兵庫県) 姫路地方を領有した。木下家定が慶長5 (1600) 年備中足守へ移封されてからは,江戸幕府が軍事上の要地として家門,譜代諸大名を配した。同5年池田氏 52万石の入封に始り,本多氏松平 (奥平) 氏,松平 (結城) 氏,榊原氏らを経て寛延2 (1749) 年に酒井忠恭上野 (群馬県) 厩橋から 15万石で入封して廃藩置県にいたった。酒井氏は譜代,江戸城溜間詰。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

姫路藩
播磨国、姫路地方(:△兵庫県姫路市▽)を領有した藩。初代藩主は播磨一国52万石を領有した池田輝政で、現在国宝となっている姫路城の大規模改築を行った。以後の藩主に本多氏、松平(結城)氏など。寛延年間に酒井忠恭が15万石で入封してからは、明治維新まで酒井氏が統治した。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藩名・旧国名がわかる事典

ひめじはん【姫路藩】
江戸時代播磨(はりま)国飾東(しきとう)郡姫路(現、兵庫県姫路市)の姫路城に藩庁をおいた、初め外様(とざま)藩、のち譜代(ふだい)藩および親藩(しんぱん)。藩校は好古堂(こうこどう)。1600年(慶長(けいちょう)5)、関ヶ原の戦いの戦功により、三河(みかわ)国吉田から徳川家康(とくがわいえやす)の娘婿池田輝政(てるまさ)が播磨1国52万石を与えられて入封(にゅうほう)、西国(さいごく)を監視する要衝として姫路藩が成立した。この雄藩にふさわしい居城とするため、豊臣秀吉(とよとみひでよし)の城だった姫路城が大拡張され、現在国宝として残る新姫路城が築造された。しかし、17年(元和(げんな)3)、3代藩主光政(みつまさ)が幼少のため因幡(いなば)国鳥取藩へ転封(てんぽう)(国替(くにがえ))となり、代わって本多忠政(ほんだただまさ)が15万石余で入封。その後、松平(奥平)氏、松平(結城)氏、松平(榊原)氏、本多氏など藩主が頻繁に交代、酒井忠恭(ただずみ)が一揆の騒乱後に15万石で入封した1749年(寛延(かんえん)2)以降は、明治維新まで酒井氏が10代続いた。酒井氏は将軍家と縁故を結び、幕末には8代藩主忠績(ただしげ)と、その弟の9代藩主忠惇(ただとし)が大老老中になるなど幕府の要職を務め、そのため戊辰(ぼしん)戦争では朝敵とされて新政府軍の追討を受けた。1871年(明治4)の廃藩置県で姫路県となり、その後、飾磨(しかま)県を経て、76年兵庫県に編入された。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ひめじはん【姫路藩】
播磨国(兵庫県)飾東(しきとう)郡姫路を城地とした譜代中藩(初期は外様大藩)。1580年(天正8)羽柴(豊臣)秀吉黒田孝高(よしたか)から姫路城を譲られたが,本能寺の変(1582)ののち大坂城に移り,そのあと83年に弟秀長が在城し,ついで85年以降木下家定1万1300石(のち2万5000石)が在城した。関ヶ原の戦後1ヵ月,1600年(慶長5)10月徳川家康の女婿池田輝政が播磨一国52万石の大名として入城した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

姫路藩
ひめじはん
播磨(はりま)国(兵庫県)西部を領した譜代(ふだい)雄藩。領主は譜代大名の交代が激しく、1749年(寛延2)酒井忠恭(ただずみ)の入部によって落ち着き、廃藩置県に至る。成立は豊臣(とよとみ)秀吉が木下家定(いえさだ)(高台院の兄)に2万5000石余で封じたことが始まりである。1600年(慶長5)関ヶ原の戦い後、池田輝政(てるまさ)が三河(愛知県)吉田から52万石で入り、播磨一国の総検地を行い、築城、城下町整備に治績をあげた。1613年輝政の死後、嫡子利隆(としたか)が相続、次男忠継(ただつぐ)(備前(びぜん)岡山)に一部分与して42万石余を領した。1616年(元和2)利隆の死でその嫡子光政(みつまさ)が継いだが、翌年因幡(いなば)鳥取に移った。池田氏のあと桑名(くわな)から本多忠政(ほんだただまさ)が15万石余で入部、1631年(寛永8)忠政の死で嫡子政朝(まさとも)が継いだが38年死に、この翌年嗣子(しし)政勝(まさかつ)が大和郡山(やまとこおりやま)(奈良県)に移り、以後、藩主は松平(奥平)、松平(結城(ゆうき))、松平(榊原(さかきばら))、本多などとめまぐるしく交替した。1748年酒井忠恭の入部直前には全藩一揆(いっき)が起こり、大坂城代の手でやっと鎮圧した。忠恭は文治政治を展開、忠以(ただざね)、忠道(ただひろ)、忠実(ただみつ)もよく文治を継承した。幕末、藩財政はしだいに困窮していったが、家老河合寸翁(すんおう)(1767―1841)を中心として藩札の発行、1821年(文政4)の木綿専売など藩政改革が行われた。分家筋忠績(ただしげ)が藩主になるや幕政に加わり大老までなった。佐幕派であったが、維新に際し朝廷方に帰順し、廃藩置県を早く建言した。1871年(明治4)廃藩、姫路県、飾磨(しかま)県を経て1876年兵庫県に編入された。[小林 茂]
『『兵庫県史 4・5』(1979、80・兵庫県)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

姫路藩」の用語解説はコトバンクが提供しています。

姫路藩の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation