@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

威儀【イギ】

デジタル大辞泉

い‐ぎ〔ヰ‐〕【威儀】
いかめしく重々しい動作。立ち居振る舞いに威厳を示す作法。
仏語。
㋐規律にかなった起居動作。また、その作法・規律。
袈裟(けさ)につけた平ぐけのひも。袈裟をまとうとき肩にかける。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

い‐ぎ ヰ‥【威儀】
〘名〙
① 動作、姿勢、容姿あるいは儀式などが正しい作法、礼式にかなっていること。また、そのような動作、姿勢、容姿、儀式の様子。また、作法にかなっているために重々しく威厳のある立ち居振舞い。仏教では行、住、坐、臥を特に四威儀という。
※続日本紀‐和銅二年(709)一〇月戊申「徴諸国騎兵五百人、以備威儀也」
※難波土産(1738)発端「公家武家より以下みなそれそれの格式をわかち威儀の別よりして詞遣ひ迄其うつりを専一とす」 〔詩経‐邶風〕
② 一般的に、立ち居振舞い、姿、形などをいう。→威儀を正す
※寛永刊本蒙求抄(1529頃)二「騤々は馬の威儀のよい方そ」
③ 仏語。戒律上の細かな作法、規律。小乗に三千威儀、大乗に八万威儀をいう。
※往生要集(984‐985)大文二「観音・勢至威儀尊重、亦坐宝華、侍仏左右」
④ 仏語。袈裟(けさ)の肩上から前後に通じる平絎(ひらぐけ)の紐。
※法体装束抄(1396)「平袈裟事〈略〉横皮の小緒を、左のいぎの前の帯に結び附けて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

威儀」の用語解説はコトバンクが提供しています。

威儀の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation