@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

威海衛【イカイエイ】

デジタル大辞泉

いかいえい〔ヰカイヱイ〕【威海衛】
中国、山東半島北東岸の港湾都市威海旧称渤海湾入り口に位置し、明代には倭寇(わこう)防衛の根拠地、清代末には北洋艦隊基地日清戦争で日本が占領。1898年、英国租借地となるが、1930年中国へ返還

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いかいえい【威海衛】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

いかいえい【威海衛】
中国、山東半島北東端の港湾都市。明代には倭寇の侵入を防ぐ根拠地として知られ、日清戦争当時は北洋艦隊の根拠地。現在は、威海市。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いかい‐えい ヰカイヱイ【威海衛】
中国、山東半島北岸にあり、渤海(ぼっかい)湾をおさえていた要塞。明代初期、倭寇(わこう)に備えて衛所を置いたのに始まり、清代末期、軍港として整備され北洋艦隊の根拠地となった。日清戦争以後、日本が占領。一八九八年からイギリスが租借。一九二二年のワシントン会議を経て、一九三〇年に中国に返還された。→威海

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

威海衛
いかいえい
Wēihǎiwèi
中国,山東半島北岸の港湾都市。現在の名称は威海 (ウエイハイ)
明代に倭寇 (わこう) 防衛の根拠地となり,清末期,ドイツ人顧問の指導で北洋海軍の基地として発展。日清戦争で占領されたが,1898年イギリスはロシアの旅順・大連租借に対抗してこの地を25年間租借。1921年ワシントン会議の結果,中国に返還された。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

威海衛
いかいえい
中国山東省にある港市
14世紀後半倭寇を防ぐために衛所が設置されたが,清末に北洋艦隊の基地として整備された。日清戦争で日本軍は威海衛に攻撃をかけ,ここにいた北洋艦隊を壊滅させた。1898年イギリスの租借地となったが,1930年中国に還付。現在名は威海。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

威海衛
いかいえい

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

威海衛」の用語解説はコトバンクが提供しています。

威海衛の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation