@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

娘道成寺【むすめどうじょうじ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

娘道成寺
むすめどうじょうじ
歌舞伎舞踊曲。長唄本名題京鹿子娘道成寺』。宝暦3 (1753) 年3月江戸中村座『男伊達初買曾我』の第3番目として1世中村富十郎初演。作詞藤本斗文,作曲1世杵屋弥三郎,補曲杵屋作十郎。紀州道成寺の安珍,清姫伝説によるの『道成寺』を原拠とする道成寺物の代表作で,1世瀬川菊之の『百千鳥娘道成寺』に新たに鞠唄 (まりうた) と山尽しのくだりなどを加え,能に構成を借りながら換骨奪胎して歌舞伎風にくずした。道行に始り,能を模した乱拍子と急の舞,次に中啓の舞,生娘に返っての手踊り,鞠唄,花笠踊り,次に眼目手拭を持ったクドキ羯鼓 (かっこ) の踊りの山尽し,町娘の手踊り,鈴太鼓の踊りのあとに鐘入りになる。あとに押戻しがつくこともある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

むすめどうじょうじ〔むすめダウジヤウジ〕【娘道成寺】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

むすめどうじょうじ【娘道成寺】
歌舞伎舞踊。長唄。本名題《京鹿子娘道成寺(きようがのこむすめどうじようじ)》。作詞藤本斗文。作曲初世杵屋(きねや)弥十郎,杵屋作十郎。振付初世中村富十郎,市川団五郎。1753年(宝暦3)3月江戸中村座初演。白拍子実は清姫の亡霊を初世中村富十郎が演じた。能の《道成寺》の舞踊化は歌舞伎の初期のころから行われていたが,《男伊達初買曾我(おとこだてはつがいそが)》の三番目に上演したこの曲が,空前大当りで,道成寺物の決定版となった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

むすめどうじょうじ むすめダウジャウジ【娘道成寺】
歌舞伎所作事。長唄。「京鹿子娘道成寺(きょうがのこむすめどうじょうじ)」の通称。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典

娘道成寺
(通称)
むすめどうじょうじ
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
京鹿子娘道成寺 など
初演
宝暦3.3(江戸・中村座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

娘道成寺
むすめどうじょうじ

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

娘道成寺」の用語解説はコトバンクが提供しています。

娘道成寺の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation