@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

婦人病【ふじんびょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

婦人病
ふじんびょう
women's diseases
女性だけに,あるいは女性に好発する病気総称。おもなものに月経不順および月経困難,更年期障害などの機能的障害,妊娠出産の障害,異常,および子宮卵巣卵管,腟など女性性器の機能的・器質的障害がある。この場合は産科と婦人科両分野が近接するが,おもな対象としては,異常妊娠や分娩障害のほかに,癌,筋腫,嚢腫のような腫瘍が対象になることが多い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ふじん‐びょう〔‐ビヤウ〕【婦人病】
女性生殖器に関係する病気。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

婦人病
ふじんびょう

婦人科で扱われる疾患の総称で、俗にいう血(ち)の道(みち)と同義に扱われることもある。

 女性の体内器官は妊娠、出産、授乳の目的に適した構造と機能をもっており、卵巣や子宮の周期的変化も受精や受胎に対する受け入れの準備体制である。すなわち、女性は初潮によって青春期に入り、その後約30年間定期的に月経をみて、閉経により更年期を迎えるという生理的な各年代のくぎりをもつことが特徴であり、こうした独特な機能や現象を営んでいる反面、これらに関連した異常もおこしやすい。したがって、女性の疾患にはこれらの器官の異常や組織の変化と結び付いたものが多く、性器の炎症や腫瘍(しゅよう)も男性に比べると、はるかに多い。しかも、女性の各年代によって出現しやすい疾患には、それぞれ特徴がみられるなど、女性にとっては婦人科の診療は欠かせないものである。

[新井正夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ふじん‐びょう ‥ビャウ【婦人病】
〘名〙 女性生殖器の疾患、および女性ホルモンによる身体異状の総称。
※青春(1905‐06)〈小栗風葉〉夏「花柳病や婦人病の通信治療とか云ふのださうで」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

婦人病」の用語解説はコトバンクが提供しています。

婦人病の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation