@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

婦系図【おんなけいず】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

婦系図
おんなけいず
泉鏡花の長編小説。 1907年発表。硬骨のドイツ文学者酒井俊蔵とその娘妙子,酒井に救われたすり早瀬主税 (ちから) とその愛人お蔦,そして彼らの悲恋を助ける魚屋めのなどといった人物の織りなす義理人情の世界を,閨閥による政財界の支配を夢想する河野一族と対照させ,妙子を守ろうとする主税死力を尽して河野王国を崩壊させる過程を描く。小説としては構想が不自然に過ぎるなどの欠陥が目立つが,新派の芝居脚色 (1908初演) されて,お蔦,主税の悲恋が人気を呼び当り狂言になった。ただし,芝居の最高の見せ場である「湯島境内の場」は原作になく,脚色に際しての入である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

おんなけいず〔をんなケイヅ〕【婦系図】
泉鏡花の小説。明治40年(1907)発表。芸者お蔦(つた)と別れさせられた早瀬主税(はやせちから)は、恩師である河野一家を破滅させてみずからを飲む。劇化され、新派名狂言の一つとなった。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おんなけいず【婦系図】
泉鏡花の長編小説。1907年(明治40)《やまと新聞》に連載。翌年春陽堂より刊行。主人公早瀬主税(ちから)は新進のドイツ語学者だが,少年時代ははやぶさ)の力(りき)とあだ名された掏摸(すり)。縁あって大学教授酒井俊蔵にひろわれて書生となる。早瀬には柳橋の芸妓でお蔦という愛人がおり,同棲するが,恩師酒井の知るところとなって別れなければならなくなる。酒井家の一人娘妙子は,お蔦の姉芸妓小芳に生ませた子であった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

おんなけいず【婦系図】
小説。泉鏡花作。1907年(明治40)「やまと新聞」連載。主人公早瀬主税ちからと純真で義理堅いお蔦つたとの悲恋と、権力主義への反抗を織りまぜて描いた風俗小説。劇化されて新派悲劇の代表的狂言となった。お蔦と主税の別れの場「湯島境内」は初演の際書き加えられたもの。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

婦系図
おんなけいず
泉鏡花(きょうか)作の長編小説。1907年(明治40)『やまと新聞』に連載され、翌年、前編・後編に分けて春陽堂より刊行。早瀬主税(はやせちから)は隼(はやぶさ)の力(りき)という掏摸(すり)だったが、ドイツ語学者酒井俊蔵(しゅんぞう)に拾われて書生となり、更生する。柳橋の芸者蔦吉(つたきち)とひそかに夫婦になるが、酒井は許さず、2人は別離を命じられる(このくだりは、師尾崎紅葉が認めなかった鏡花とすず夫人の同棲(どうせい)に基づいている)。静岡の資産家河野英臣(ひでおみ)は、娘たちを秀才に縁づけて閨閥(けいばつ)をつくろうという野心をもち、その息子英吉は酒井の娘妙子(たえこ)を見そめる。妙子は、実は柳橋の芸者小芳(こよし)との仲に生まれた子で、主税とは兄妹同様に育てられた。主税は河野家の閨閥主義に対抗し、妙子を河野家に与えてはならないと決心。後編では、静岡へ行った主税が、河野夫人の昔の不義をあばき、河野一族を死に追い込む顛末(てんまつ)を描く。東京に残ったお蔦(蔦吉)も酒井に許されるが病死し、主税は服毒して死ぬ。自由な無我の愛を圧制する婚姻制度の束縛のなかでの、愛情の至高をつづった作品。
 劇化は、単行本が刊行された年の9月、新富座初演。柳川春葉(やながわしゅんよう)脚色、伊井蓉峰(ようほう)の主税、喜多村緑郎(きたむらろくろう)のお蔦という配役で、成功とはいえなかったが、喜多村の入念な演出は回を重ねるごとに洗いあげられ、新派名狂言の一つになった。「湯島の境内」の場は原作にはなく、初演を見てこの場が気に入った鏡花は、のちに自ら書き下ろした。新派型物の代表場面であり、一幕物として上演されることが多い。[藤田 洋]
『『婦系図』(『鏡花全集10』所収・1940・岩波書店) ▽『湯島の境内』(『鏡花 小説・戯曲選12 戯曲篇 2』所収・1982・岩波書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おんなけいず をんなケイヅ【婦系図】
小説。泉鏡花作。明治四〇年(一九〇七)発表。一門の繁栄のために犠牲となった女たちを描く。後年脚色され新派悲劇の代表的狂言となった。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典

婦系図
おんなけいず
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
作者
泉鏡花
初演
明治41.10(東京・新富座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

婦系図」の用語解説はコトバンクが提供しています。

婦系図の関連情報

関連キーワード

[各個指定]工芸技術部門李完用複成片麻岩内褶曲青木繁カラジアーレウェブスター(Ben Webster)久原躬弦ゴーリキー(Maksim Gor'kiy)西園寺公望内閣柴田桂太

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation