@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

婿入婚【むこいりこん】

世界大百科事典 第2版

むこいりこん【婿入婚】
婚姻生活の場を妻方(嫁方)におく婚姻。招婿婚,妻訪婚,妻処婚などともいう。一般に日本の基本的婚姻形態として,夫妻の居住方式や初婿入りなどの婚姻成立儀礼の行われ方から,婿入婚と嫁入婚に分類されているが,婿入り,嫁入りのような民俗語彙をもとにしてのこの分類は,必ずしもその意味が合意されているわけではなく,ことに婿入婚に関してはあいまいである。婚舎を妻方におく場合でもその形態はさまざまで,終生夫妻が同居するもの,一時的に夫妻同居するもの(東北地方の年季婿の例),終生夫妻不同居で妻訪いするもの(かつての岐阜県白川村の長男以外の男子の婚姻),婚姻初期に一時的に妻訪いし結局は夫方に夫妻同居するものなどがあり,それぞれ異なる意義をもっている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

むこいり‐こん【婿入婚】
〘名〙 婚舎が妻方にある婚姻形式。妻問い婚。招婿婚(しょうせいこん)。⇔嫁入婚

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

婿入婚」の用語解説はコトバンクが提供しています。

婿入婚の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation