@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

媒介【バイカイ】

デジタル大辞泉

ばい‐かい【媒介】
[名](スル)
両方の間に立って、なかだちをすること。とりもつこと。「虫が伝染病を媒介する」
ヘーゲル哲学で、存在認識が他のものによって条件づけられて成り立っていること。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ばいかい【媒介】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

ばい‐かい【媒介】
〘名〙
① 双方の間に立ってとりもつこと。はし渡しをすること。とりもち。なかだち。なこうど。きもいり。
※本朝無題詩(1162‐64頃)六・夏日遊河陽別業〈藤原明衡〉「伴老友朋松偃蓋、忘憂媒介桂盈樽」
※風俗画報‐一六八号(1898)言語門「凡そ言語は吾人の思想を交換する媒介(バイカイ)なり」 〔晉書‐芸術伝・索紞〕
② 論理学で、かけ離れた二つの名辞の間に、両者を関係づけるような中間項の名辞を与える働き、手続。
③ 哲学で、かけ離れた二つの実在を関連づけるために、もう一つの実在を挿入すること。たとえば、デカルトで、精神と物質の間に神を入れる手続、キリスト教神学で、超越する神と不完全の人間の間に、なかだちとしてのキリストを設定することなど。
④ 特にヘーゲル哲学で、すべての事物は個々独立になりたっているのでなく、他との関係のなかにあること。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

媒介」の用語解説はコトバンクが提供しています。

媒介の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation