@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

嫁入婚【よめいりこん】

世界大百科事典 第2版

よめいりこん【嫁入婚】
婚姻生活の場を当初から夫方(婿方)におく婚姻。夫処婚ともいう。一般に日本の婚姻形態は,夫妻の居住方式や婚姻成立儀礼の行われ方から婿入婚と嫁入婚に分類されるが,この婿入婚も婚姻初期は妻方に婚するが結局は夫方に居住する形態をとっている。嫁入婚の形式は,中世武家社会に形成されたものとされ,そこには家父長制をもとにする家の重視や,村外(遠方)の通婚がみられ,これを背景として仲人の重視,結納嫁入り,荷物送り,披露など婚姻諸儀礼の著しい発達があり,それらは小笠原流などの礼法によっていっそう形式をととのえている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

よめいり‐こん【嫁入婚】
〘名〙 結婚と同時に嫁が婿方に身柄を移す婚姻様式。⇔婿入婚

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

嫁入婚」の用語解説はコトバンクが提供しています。

嫁入婚の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation