@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

嫡庶【ちゃくしょ】

精選版 日本国語大辞典

ちゃく‐しょ【嫡庶】
〘名〙
① 嫡出と庶出。正妻からの出生と、正妻以外の女性からの出生。また、その子。正妻の子と妾(めかけ)の子。ちゃくそ。てきしょ。
※史記抄(1477)七「恵帝の弱なるによって天下をも不失は漢家の嫡庶を正しくしたによった事なり」 〔列子‐力命〕
② 転じて、子孫。祖先の血を引く者。
※類従本撰集抄(1250頃)六「藤氏の嫡庶として、万天下のことわさを取り行はせ給しかば」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちゃく‐そ【嫡庶】
※金刀比羅本保元(1220頃か)上「抑祚をつぎ位をうる事、かならずしもちゃくそによるべからずといへども」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ちゃく‐しょ【嫡庶】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

嫡庶」の用語解説はコトバンクが提供しています。

嫡庶の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation