@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

子ども食堂

朝日新聞掲載「キーワード」

子ども食堂
子ども食堂は1人で食事したり、家庭の事情で食べられなかったりする子ども向けに無料や安価で食事を提供する食堂を指す。近年は子どもだけでなく保護者や近くの住民が集まって交流する地域の食堂にもなっている。県東部には現在、鳥取市に17、八頭町に2、岩美智頭町に各1カ所ある。問い合わせは市中央人権福祉センター(0857・24・8241)。
(2019-03-08 朝日新聞 朝刊 鳥取全県・1地方)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

知恵蔵mini

子ども食堂
地域の大人が子どもに無料または低額で食事を提供する取り組み。2012年に東京都大田区で始まったとされ、その後、社会福祉法人NPO法人などの組織が全国各地で運営に取り組むようになった。貧困家庭の子どもへの支援に限らず、地域の交流の場としての役割を担っていることも多い。民間団体「こども食堂 安心・安全向上委員会」は18年4月、子ども食堂の数が全国で2,200カ所を超えたとの調査結果を発表した。
(2018-4-5)

出典:朝日新聞出版
(C)Asahi Shimbun Publications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

子ども食堂」の用語解説はコトバンクが提供しています。

子ども食堂の関連情報

他サービスで検索

「子ども食堂」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation