@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

子午儀【しごぎ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

子午儀
しごぎ
meridian transit
天体子午線通過の時刻およびそのときの位置を測定するため,子午線面内で自由に回転するよう望遠鏡を据付けた特殊な観測装置。一般に天体の位置の精密な観測は,その高度が最も大きく,したがって大気差が小さく,しかも鉛直方向のみに影響する南中時に行うのがよい。これにより,恒星南中する精密な時刻をはかってその赤経を算出し,また逆に赤経の知られている恒星の南中を観測して時計補正を行うことができる。天文台内に据付けるのでなく,野外観測に携帯されるものでは,望遠鏡の途中プリズムを置いて,回転軸一端へ光を導くなどの工夫が凝らされているが,そのような型のものをプリズム子午儀という。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しご‐ぎ【子午儀】
天体の子午線通過の時刻を測定する装置。東西を向いた水平軸に、子午面内だけを動く小型望遠鏡を直角に取り付けたもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しごぎ【子午儀 meridian instrument】
恒星の子午線通過の観測に基づいて,恒星の赤経,通過の時刻,観測地点の経度のうち二つを既知として,残りの一つを決定するための天文器械。東西方向の水平回転軸に垂直に望遠鏡が取り付けられ,接眼部には測微尺がある。主として,恒星時の決定のために活用された古典的装置。現在では,この目的のために,写真天頂筒(PZT)や光電式アストロラーブが用いられている。【宮本 昌典】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

子午儀
しごぎ

天体の子午線通過時刻を精密に測定するための装置。星をとらえるための望遠鏡部分は、装置の測定精度を高めるために南北方向にしか回転しないようにつくられている。それゆえ天球上の子午線部分しか見ることができないので、子午儀とよばれる。

 子午儀観測の目的は、赤経の知られている恒星の子午線通過の瞬間をとらえてその恒星時を知り、それから常用時(平均太陽時)を計算して手持ちの時計と比較し、時計を正しい平均太陽時に保つことであった。現在の常用時は、原子時計の時刻を基準とし、それをVLBI(超長基線電波干渉計)などの高精度な観測の国際地球回転観測事業(IERS:International Earth Rotation Service)によって修正して保時されるので、子午儀は使用されていない。

[中嶋浩一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しご‐ぎ【子午儀】
〘名〙 天体の子午線通過の時刻を観測し、またその天体の位置を観測する器械。東西に支えられた水平軸に直角に、子午線面の中だけを回転できる望遠鏡を取りつけたもの。現在では、写真天頂筒(PZT)や光電式アストロラーブが多く用いられる。〔工学字彙(1886)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

子午儀」の用語解説はコトバンクが提供しています。

子午儀の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation