@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

孝徳天皇【こうとくてんのう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

孝徳天皇
こうとくてんのう
[生]推古4(596)
[没]白雉5(654).10.10. 摂津
第 36代の天皇 (在位 645~654) 。名は天万豊日尊 (あめよろずとよひのみこと) 。茅渟王 (ちぬのおおきみ) の王子,皇極天皇の弟,敏達天皇の曾孫。母は吉備姫王。初めは軽皇子と称した。皇極4 (645) 年中大兄皇子らが蘇我氏を誅滅したのち,中臣鎌足の意見もあって軽皇子が即位した。天皇は中大兄皇子を皇太子とし,大化と建元し,大化改新の事業を進めた。すなわち大化2 (646) 年正月1日詔を出して,班田収授,租・・調の制などを定めた。同年を飛鳥から摂津難波長柄豊碕宮 (ながらのとよさきのみや) に移したが,この宮は長安京に模した日本で最初の都城である。間人皇女を立てて皇后とした。陵墓は大阪府南河内郡太子町の大阪磯長陵。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こうとく‐てんのう〔カウトクテンワウ〕【孝徳天皇】
[597~654]第36代天皇在位、645~654。敏達(びだつ)天皇曽孫。名は(かる)。姉の皇極天皇譲位により即位。都を難波長柄豊碕宮(なにわのながらのとよさきのみや)に移し、大化の改新を行った。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

孝徳天皇 こうとくてんのう
597-654 飛鳥(あすか)時代,第36代天皇。在位645-654。
推古天皇5年生まれ。茅渟(ちぬ)王の王子。母は吉備姫王(きびつひめのおおきみ)。皇極天皇の同母弟。中大兄(なかのおおえの)皇子を皇太子として,大化(たいか)2年(646)四ヵ条の改新の詔を発し,国家体制の整備に着手した(大化の改新)。晩年は皇太子と意見があわず,白雉(はくち)5年10月10日難波宮で病死。58歳。墓所は大阪磯長陵(おおさかのしながのみささぎ)(大阪府太子町)。幼称は軽(かるの)皇子。別名は天万豊日天皇(あめよろずとよひのすめらみこと)。
【格言など】鉗(かなき)着け吾が飼ふ駒は引出(ひきで)せず吾が飼ふ駒を人見つらむか(「日本書紀」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

こうとくてんのう【孝徳天皇】
597?‐654(推古5?‐白雉5)
第36代に数えられる天皇。在位645‐654年。名は軽皇子。皇極女帝の同母弟で,父は舒明天皇の弟の茅渟(ちぬ)王,母は欽明天皇の孫の吉備姫王。《日本書紀》や《大織冠伝》には,中臣鎌足が皇室中の人材を求めて天皇に接近し,天皇がこれを厚く待遇した話がみえるが,《上宮聖徳太子伝補闕記》によれば,643年(皇極2)11月に蘇我入鹿が山背大兄王を攻め滅ぼしたとき,天皇はその軍に加わっていたという。645年(大化1)6月にの中大兄皇子(天智天皇)らが蘇我氏権力を打倒すると,皇極女帝の譲位をうけて即位し,中大兄皇子を皇太子とし,年号を大化と定め,同年末に都を難波の長柄豊碕宮(ながらのとよさきのみや)に移した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こうとくてんのう【孝徳天皇】
597?~654 日本書紀で、第三六代天皇(在位645~654)。天万豊日尊あめのよろずとよひのみことの漢風諡号しごう。名は軽皇子かるのおうじ。茅渟王ちぬのおおきみの王子。大化改新に加わり、難波長柄豊碕宮なにわのながらとよさきのみやを都とした。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

孝徳天皇
こうとくてんのう
(597―654)
第36代とされる天皇(在位645~654)。名は軽(かる)。和風諡号(しごう)は天万豊日(あめよろずとよひ)天皇。茅渟(ちぬ)王の皇子。母は吉備(きび)姫王。皇極(こうぎょく)天皇の同母弟。即位の翌年正月に大化改新の詔(みことのり)を発し、皇太子中大兄(なかのおおえ)を実権者として改新政治を進めた、というのが従来の見解であった。しかし、改新の詔は、後世に述作された可能性が大きく、その信憑性(しんぴょうせい)が疑われている。また、政権の実権者を中大兄とする点にも問題が残る。むしろ、天皇の執政期の前半の大化期は、品部(しなべ)の廃止、新冠位制の施行などを、新政権内部の不統一を押して行った。そして、新造した難波長柄豊碕(なにわながらのとよさき)宮に移った後半の白雉(はくち)期には、新しい左右大臣を任命し、政治を主導した。しかし、653年(白雉4)には間人(はしひと)皇后、中大兄らは大和(やまと)に去って政権は分裂し、翌年10月、失意のうちに難波宮で没した。陵墓は大阪府南河内郡太子町山田の磯長(しなが)陵。[門脇二]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こうとく‐てんのう カウトクテンワウ【孝徳天皇】
第三六代天皇。茅渟王(ちぬのおおきみ)の子。斉明天皇の同母弟。名は軽皇子(かるのみこ)、天万豊日尊(あめよろずとよひのみこと)。大化元年(六四五)即位し、在位一〇年。難波(なにわ)の長柄豊碕宮(ながらのとよさきのみや)に遷都。中大兄皇子(なかのおおえのおうじ)、中臣鎌足らとともに、大化の改新を行なう。推古天皇五~白雉五年(五九七‐六五四

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

孝徳天皇
こうとくてんのう
597〜654
7世紀半ばの天皇(在位645〜654)
皇極天皇の同母弟。敏達 (びだつ) 天皇の曽孫。初め軽皇子 (かるのおうじ) と称した。645年蘇我氏の滅亡直後,推されて即位。皇太子中大兄 (なかのおおえ) 皇子,内臣 (うちつおみ) 中臣(藤原)鎌足らの補佐で大化の改新を推進。難波長柄豊碕宮 (ながらとよさきのみや) に遷都したが,のち中大兄と対立,その地で没した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

孝徳天皇」の用語解説はコトバンクが提供しています。

孝徳天皇の関連情報

関連キーワード

中津川市長の解職請求松江北高校の災害ボランティア飛鳥寺伊予温湯碑文ココス諸島褚遂良道宣飛鳥寺グランド・ディクサンス・ダム広尾[町]

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation