@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

孝文帝【こうぶんてい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

孝文帝
こうぶんてい
Xiao-wen-di; Hsiao-wên-ti
[生]皇興1(467)
[没]太和23(499)
中国,北魏の第6代皇 (在位 471~499) 。姓名は元 (拓跋) 。諡は孝文皇帝。廟号は高祖。父は北魏第5代の献文帝。馮太皇太后の執政下に官吏俸禄制制定,均田法 (→均田制 ) の発布三長制の設置など画期的な政策を断行した。太后の死後親政して都を平城から洛陽に移し,漢化政策を推し進めた。そのため漢人官吏が官界で次第に勢力を増した。北魏文化の隆盛期を迎えたが,鮮卑族のなかにはその政策に不満をもつものが多く,皇太子の反乱事件さえ起った。また,漢民族と鮮卑族との家格を定め,族分定を行なって,家格に応じて子弟を官吏に登用した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こうぶん‐てい〔カウブン‐〕【孝文帝】
[467~499]中国、北魏の第6代皇帝。在位471~499。姓は拓跋(たくばつ)、のち、元。名は宏(こう)。三長制均田制を実行。平城山西省)から洛陽へ遷都すると同時に風習言語を中国風に改め、南朝にならって官制を整備した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こうぶんてい【孝文帝 Xiào wén dì】
467‐499
中国,北第6代皇帝。在位471‐499年。拓跋(元)宏。廟号高祖。献文帝の長子として生まれ,471年(延興1)父帝の譲位を受けて即位。しかし当時は胡太后専制時代で,帝も太后の養育と後見を受けた。太后はときにむごい仕打ちを加えたが,帝はよくこれに堪え,490年(太和14)太后の死を契機に親政時代を迎えた。帝が使命としたのは,種族的原理がなお強く作用していた北魏国家を,いっそう普遍的な国家に高めることであった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

孝文帝
こうぶんてい
(467―499)

中国、北魏(ほくぎ)第6代の皇帝(在位471~499)。諱(いみな)は宏、廟号(びょうごう)は高祖。父献文帝の譲位により即位したときは5歳であり、祖父文成帝の皇后文明太后の執政が490年まで続いた。この間に、国家による土地把握をたてまえとする均田制、戸単位にかわって夫婦を単位として徴税する租調制、それらを施行する条件をつくる三長(さんちょう)制の創出が行われた。これらは国家による小農民の直接把握を目ざすもので、北魏のみならず中国史上重要な意義をもつ。これに先だつ地方官への俸禄(ほうろく)支給制の施行もその一環とみなせる。

 この基礎のうえに立つ親政期の政策は、通常、漢化政策と称される。それは平城(へいじょう)(山西省大同)から洛陽(らくよう)への遷都強行に始まり(493年に着手)、鮮卑(せんぴ)の言語、衣服の使用を禁じ、姓を漢族風に改め(たとえば帝室拓跋(たくばつ)氏は元氏となった)、洛陽に移った北人の平城帰葬を許さないなどの諸策が相次いで出された。もっとも注目すべきは姓族分定であり、漢人貴族の家格詳定を伴いつつ、北族社会を、当時の中国社会を規定していた門閥(もんばつ)主義下に再編しようとしたものであり、そのうえで同格の漢人と北族の通婚を奨励、帝は自ら諸弟の妃に漢人名族の女を選んだ。これらは北族による統治の行き詰まりの打開策であったが、反面、北族の不満は大きく、在世中に皇太子らの反逆があり、また20余年後の六鎮(りくちん)の乱の遠因となった。帝は、詔勅をも自ら書くほど中国的教養が深く、朝廷の儀礼も、治世中に多く中国的なそれに改められた。

[窪添慶文]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こうぶん‐てい カウブン‥【孝文帝】
中国、北魏の第六代皇帝(在位四七一‐四九九)。名は宏。廟号は高祖。貴族制、九品官制をはじめ社会諸制度の中国化を断行し、都を洛陽に移して、文化の興隆につとめた。また、旧姓の拓跋氏を元氏に改めた。(四六七‐四九九

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

孝文帝
こうぶんてい
467〜499
北魏の第6代皇帝,高祖(在位471〜499)
均田制の施行税制戸籍の改革,三長制の樹立などを行った。また都を平城(現在の大同)から洛陽に移して漢文化の吸収につとめ,服装・言語を中国風にさせ,漢人との婚姻を奨励するなど,急激な漢化政策と国家権力の充実につとめたが,この政策への不満から帝の死後反乱がおき,北魏の国内分裂を招いた。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

孝文帝」の用語解説はコトバンクが提供しています。

孝文帝の関連情報

関連キーワード

ヒエロン1世シドニウス・アポリナリス事業譲渡金名線シェルター久留米市が廃止を計画する2公共施設王融三輪山財産引受け

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation