@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

季題【きだい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

季題
きだい
連歌,俳諧俳句の用語。発句,俳に詠み入れる節を示す言葉。季語季詞季の詞,四季の,四季の題名,季のなどもだいたい同義。季題の語が広く使われだしたのは明治以後。連歌の発句に制作時の季節の言葉を詠み込むべきことは鎌倉時代初期以来漸次定まり,室町時代に確立され,俳諧にも踏襲された。発句,俳句に季題を必要とするのは上記の歴史的事情にもよるが,単に季節を示すだけでなく,17字詩形の不足を補い,俳句の内容を豊かにする働きがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きだい【季題】
連歌,俳諧や近代俳句で,句に詠みこむ季節感をもつ特定の語を,古くは〈四季の詞〉〈季の詞〉などといったが,明治末年以後,俳句に用いる四季の詞について,季題という語が用いられて一般化した。季語が広く連歌,俳諧の付句に用いる四季の詞までを含んで用いられるのに対して,俳句(発句)の季語を意味することが多い。早く和歌では勅撰集などで四季の部立が行われ,題詠の風も一般化し,季節の景物を詠むことが行われて,季節の詞が諷詠の題となった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きだい【季題】
季語きごに同じ。元来、発句の中に題として詠まれる季を示す語を季題といい、発句・連句を通じて用いられる季を表す語を季語とよんで区別していた。
(句会などで)俳句を作る詠題として出された季語。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

き‐だい【季題】
〘名〙 連歌、俳諧、俳句で、四季おりおりの季節感を表わすために、一句の中に詠(よ)みこむ題。また、それを表わすことば。季語。季。
※三千里〈河東碧梧桐〉明治四〇年(1907)一二月一〇日「春風といふ季題によって起す聯想の範囲は」
[補注]明治四〇年ころ、河東碧梧桐らの日本派の俳人によって用いられたのが最初といわれる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

き‐だい【季題】
季語」に同じ。
句会などで、題として出される季語。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

季題
きだい

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

季題」の用語解説はコトバンクが提供しています。

季題の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation