@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

孤平【コヒョウ】

デジタル大辞泉

こ‐ひょう〔‐ヒヤウ〕【孤平】
漢詩で、平声(ひょうしょう)の文字1字が前後を仄声(そくせい)の文字に挟まれていること。韻律を重視する近体詩ではこれを避ける。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

こひょう【孤平】
漢詩で、仄声そくせいの文字と文字の間に平声ひようしようの文字一字を用いること。詩病しへいの一つ。韻律を重視する絶句・律詩では最も嫌う。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こ‐ひょう ‥ヒャウ【孤平】
〘名〙 漢詩の近体詩における禁止規定の一つ。一句の中で平声(ひょうしょう)が一字だけ孤立し、その上下に仄声(そくせい)の文字がおかれること。とくに五言詩の第二字、七言詩の第四字にきびしく避けられる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

孤平」の用語解説はコトバンクが提供しています。

孤平の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation