@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

学校図書館基準【がっこうとしょかんきじゅん】

図書館情報学用語辞典

学校図書館基準
学校図書館の発展と充実のため,その設置,運営に関して必要とされる原則,サービス,資料,職員,施設などについて具体的な項目を文書化したもので,図書館のあるべき姿を示す規定と数値目標からなる.日本で公表された「学校図書館基準」はいくつかあげられるが,最も代表的なものとされる現行の基準は,文部省が1959(昭和34)年に編集した『学校図書館運営の手びき』に収録され,以後学校図書館の基本的なあり方と到達目標を示した指針として広く活用されているが,法的拘束力は持たない.蔵書の数量に関して「学校図書館図書標準(文部科学省,1993)や「学校図書館メディア基準」(全国学校図書館協議会,2000)がある.

出典:図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

学校図書館基準」の用語解説はコトバンクが提供しています。

学校図書館基準の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation