@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

学校図書館法(日本)【がっこうとしょかんほう】

図書館情報学用語辞典

学校図書館法(日本)
小学校,中学校,および高等学校(特別支援学校を含む)の図書館に関する法律で,1953(昭和28)年に公布された.学校図書館の定義役割,設置義務,専門的職員としての司書教諭配置義務,学校図書館の設置・育成に対する国の責任などを規定している.学校図書館の設置率がきわめて高いのは同法に負うところであるが,その規模や活動については改善の余地を大きく残しており,特に,司書教諭の配置義務にもかかわらず,付則第2項で“当分の間…司書教諭をおかないことができる”としたことから,司書教諭の配置がきわめて低い現状を招いたとの批判がある.なお,1997(平成9)年に付則第2項を改め,2003(平成15)年3月31日までに小規模校を除き配置を義務付けることなどを盛り込んだ改正案が成立した.

出典:図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

学校図書館法(日本)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

学校図書館法(日本)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation