@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

学校放送【がっこうほうそう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

学校放送
がっこうほうそう
educational broadcasting
学校教育拡充のため,教室の児童生徒対象として送られるラジオテレビ放送。イギリス,アメリカでは 1923年に,ドイツでは 26年にめられ,日本では 33年,大阪中央放送局が初めて管内の小学校向けに行なったのが始りで,35年には東京中央放送局による全国放送が開始された。第2次世界大戦後は民主教育の確立を急ぐ占領軍の方針のもとで 45年に再開された。現在利用率はラジオ,テレビともに高率を示している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

がっこう‐ほうそう〔ガクカウハウソウ〕【学校放送】
教育課程に準拠して制作される、学校向けのラジオ・テレビ放送。
学内で、教職員または、児童・生徒によって、自主活動として行われる番組制作や放送。校内放送。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

がつこうほうそう【学校放送】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

学校放送
がっこうほうそう

学校放送とは、教育放送の一つであり、学校教育に関する法令に定められた教育課程の基準に準拠して、教師の指導のもとに視聴させる児童・生徒向けの番組と、教師の学習指導法、生活指導法、学校管理法などの改善・向上に寄与するような教師向けの番組を放送する営みをいう。

 したがって、一般には、公共放送事業体である日本放送協会(NHK)や一般放送事業者である民営放送機関(民放)の学校教育に関する放送を意味する。しかし、1960年代以来の電子・機械技術の進歩と発展が、放送教育の理論や実践に伴う学校での自主的な番組制作や放送を可能にしていることもあり、このような校内放送も含めて、学校放送をとらえる考え方もある。

[篠原文陽児]

沿革

日本の学校放送は、1933年(昭和8)のNHK大阪中央放送局によるラジオ放送がその初めであり、小学校を対象としたラジオ体操、音楽、教師のための講座などであった。

 全国的規模の学校放送の開始は、1935年のNHK東京中央放送局による、同じく小学校を対象としたラジオ放送である。その後、45年に太平洋戦争激化のための一時的中断があったが、53年(昭和28)のラジオ第2放送局への移行と、テレビジョンによる学校放送の開始で、それぞれのメディアの放送特性を生かし、今日まで継続されている。しかし、(1)マルチメディアやインターネットに代表される情報通信社会への移行のなかで、テレビはデジタル化へコンピュータは映像化へ向かうといわれているように、放送と通信の境界が判然としなくなり、デジタル化された高品質の映像情報が容易に利用できる環境になってきていること、(2)日常生活に関連した一般放送を利用するなど、既存の学校放送にとらわれない、教育や学習の内容と方法に関する価値観の多様化と変化があること、などから学校放送番組の制作、編成および利用に関して、見直しが求められている。

 一方、民放による学校放送は、1959年、日本教育テレビ(現テレビ朝日)が着手し、その後、日本テレビ、フジテレビなどが独自の学校放送を編成しているが、いずれも幼児向け番組である。また、全国102社(局)あるUHF専用局(2001年12月現在)も、新たな連携が期待される地域の実態に即した学校放送に力を入れている。

[篠原文陽児]

教育機能

放送教育に関する研究大会、とくに、1954年(昭和29)設立の「日本放送教育学会(現・日本教育メディア学会)」の活動は、1950年(昭和25)から始まった「放送教育全国大会」とともに、学校放送の理論的基盤や実践研究を通じた、現代教育の諸問題を解決するよい場となっており、また、教育の機会均等や地域差による教育の不均衡を是正するという、学校放送のもつ機能を高めるのに役だっている。

[篠原文陽児]

利用率

NHK放送文化研究所の2000年度調査によれば、小学校のテレビ学校放送利用率、カラーテレビ普及率、ビデオテープレコーダー(VTR)普及率、インターネット接続校の推移はにみられるとおりである。1990年代なかば以降、学校へのインターネットの急速な普及がある一方、テレビ学校放送の利用は1986年をピークに徐々にではあるが減少する傾向にある。学校へのVTR普及率も高いことが知られている。98年度の総務庁(現総務省)による耐久消費財調査によれば、一般家庭においても、ルームエアコン、乗用車、電子レンジに次いで普及率が高く、録画して番組を視聴する生活や視聴様式の変化を類推することができる。VTRの普及率が高い学校等でも、「生(なま)放送・まるごと・継続視聴」という放送利用の考え方が少しずつではあるが変化してきている。

 マルチメディアとインターネットに代表される新しい映像情報や通信媒体の急速な発展に伴う社会生活と家庭生活の変化は、学校放送の利用のみならず、制作と編成にも大きな影響を与え、放送の受け手と送り手の両者に早急な対応を求めつつある。

[篠原文陽児]

『磯辺武雄著『わが国の学校放送史の研究』(1999・北樹出版)』『NHK放送文化研究所編『放送研究と調査』(2001・日本放送出版協会)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

がっこう‐ほうそう ガクカウハウソウ【学校放送】
〘名〙 学校にいる児童・生徒を対象に、学習を目的とした利用に供するための、テレビやラジオの放送。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

学校放送」の用語解説はコトバンクが提供しています。

学校放送の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation