@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

学習資料センター【がくしゅうしりょうせんたー】

図書館情報学用語辞典

学習資料センター
あらゆる形態範囲のメディアを含むコレクションとその利用に関連した設備と専門職員によるサービスを学習者,教員,職員が利用できる施設.教材センター(instructional material center)ともいう.米国では,1960年代から始まった教育改革の中で,視聴覚資料を始めとしてメディアが多様化し,これらのメディアを学習活動に活用することの必要性や有効性が解明された.そこで,学校図書館ではこれまでの印刷資料を中心としたコレクションからの脱皮を図り,学習に役立つあらゆる形態のメディアを扱うとともに,メディアを製作する設備や能力を備えた職員の配置もなされるようになった.そして,学校区に学習資料センターを設置し,そのもとに各学校の学習資料センターを組織化して,リソースと人と施設や設備を有効に活用することを図っている.

出典:図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

学習資料センター」の用語解説はコトバンクが提供しています。

学習資料センターの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation