@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

宇ノ気【うのけ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

宇ノ気
うのけ
石川県中央部にある地区。旧町名。 1948年町制。 1960年金津村を編入。 2004年3月高松七塚 2町と合併かほく市となった。金沢平野の北端部にあり,地区の南西部が日本海に面する。米が主産物。海岸の砂丘ではスイカダイコンサツマイモなどが栽培されている。河北潟干拓地ではハクサイ,果樹栽培が行なわれる。ゴム入り組紐,合繊織物工業が盛んで,電子,機械の工業も発達している。史跡上山田貝塚があり,哲学者西田幾多郎の記念館がある。 JR七尾線が通り横山,宇野気駅がある。国道 159号線と能登道路が通る。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

宇ノ気
うのけ
石川県中央部、河北(かほくぐん)にあった旧町名(宇ノ気町(まち))。現在は、かほく市の中央部を占める一地区。1948年(昭和23)町制施行。1960年金津(かなづ)村を編入。2004年(平成16)高松町、七塚(ななつか)町と合併、かほく市となる。旧宇ノ気町は内灘(うちなだ)砂丘から山地にわたり、JR七尾線、国道159号が通じる。国指定の史跡上山田貝塚のほか、縄文・弥生(やよい)遺跡が多い。米、ブドウを産し、細幅ゴム紐(ひも)、撚糸(ねんし)の繊維工業、電子工業、鉄工業も発達するほか、金沢市への通勤者も多く、1994年(平成6)には大崎潮見台ニュータウンが完成した。哲学者西田幾多郎(きたろう)の出身地で、「石川県西田幾多郎記念哲学館」がある。[矢ヶ崎孝雄]
『『石川県宇ノ気町史』(1970・宇ノ気町) ▽『宇ノ気町史 第2輯』全2巻(1990~1991・宇ノ気町)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宇ノ気」の用語解説はコトバンクが提供しています。

宇ノ気の関連情報

関連キーワード

新藤兼人木下恵介エレクトロニクス史(年表)民主自由党[日本]市川崑北朝鮮斎藤寅次郎戦争文学ヒューストン(John Huston)ベルイマン(Ingmar Bergman)

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation