@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

宇佐【うさ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

宇佐
うさ
高知県中部,仁淀川河口の西方約 5kmに位置する集落。旧町名。 1958年近隣町村と合体,翌 59年土佐市となる。浦ノ内湾入口にあたり昔からカツオ漁が盛んで,かつお節産地として有名であったが,近年はハマチ養殖業に転換野菜施設園芸も行われる。海水浴,潮干狩の行楽地

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

うさ【宇佐】
大分県北部の市。宇佐神宮がある。そうめんを産する長洲(ながす)は港町、本願寺別院のある四日市(よっかいち)は市場町として発達。古くは「菟狭」とも書いた。人口5.9万(2010)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

うさ【宇佐】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

うさ【宇佐】
大分県北部、周防灘すおうなだに面する市。もと宇佐神宮の門前町、市場町。東・西両本願寺の別院がある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

宇佐
うさ
高知県中央部、土佐市の一地区。旧宇佐町。浦ノ内湾口にあり、古来、カツオ漁港として発達し、土佐かつお節(ぶし)の主産地。海岸沿いに横浪(よこなみ)スカイラインが走る。四国八十八か所第36番札所青竜(しょうりゅう)寺がある。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うさ【宇佐】
[一] 上代の国の名。大化改新のとき豊前国にはいる。神武天皇東征のおり、宇狭津彦が歓待した場所といわれる。菟狭。宇沙。
[二] 大分県北部の地名。宇佐神宮の門前町として発達。昭和四二年(一九六七)市制。
[三] 宇佐神宮の略称。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宇佐」の用語解説はコトバンクが提供しています。

宇佐の関連情報

関連キーワード

バイアスロンオープンウオータースイミングOWSトライアスロンバイアスロン御土居近畿日本鉄道京浜急行電鉄エゴロワ南北(朝鮮)間の列車運行

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation