@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

宇出津【うしつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

宇出津
うしつ
石川県北部,能登町南部に位置する旧町域。1889年近隣 1町 2村が合体して町制。1955年小木町,三波村,神野村の一部と合体して能都町となり,2005年柳田村,内浦町と合体して能登町となった。能登半島北東岸の小湾に臨むを中心に発達し,江戸時代から定置網漁(→定置網)の地。また能登線の開通までは奥能登七尾,富山方面を結ぶ商港でもあった。内浦の代表的な漁港で,特に定置網漁によるブリ水揚げが多い。付近に縄文真脇温泉や弁天島があり,内浦観光の拠点となっている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

うしつ【宇出津】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

宇出津
うしつ
「うしゅつ」「うせつ」ともいう。石川県鳳珠(ほうす)郡能登町(のとちょう)の一地区。宇出津湾岸に開けた古くからの港町で、奥能登の物資の集散地としてにぎわった。舟運で富山県と物資交流が盛んであったが、現在は漁港で商工業も盛んである。鉄道は、のと鉄道能登線(穴水(あなみず)―蛸島(たこじま)間)が通じていたが、2005年(平成17)4月廃止され、現在は代替バスが通じている。[矢ヶ崎孝雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宇出津」の用語解説はコトバンクが提供しています。

宇出津の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation