@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

宇垣一成【うがきかずしげ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

宇垣一成
うがきかずしげ
[生]慶応4(1868).6.21. 岡山
[没]1956.4.30. 東京
軍人,政治家。陸軍士官学校陸軍大学校卒業後,ドイツに留学。帰国後,陸大教官,事課長,参謀本部第1部長,陸大校長,第 10師団長,教育総監部本部長,陸軍次官を歴任,1924年清浦奎吾内閣陸相となった。陸相在任中,4個師団の兵員を削減する一方,戦車隊の新設,飛行隊の増設をはかるなど (いわゆる宇垣軍縮) 陸軍の近代化に努め,その政治的手腕は軍内外の評判となった。 29年浜口雄幸内閣の陸相に再度就任し,その後朝鮮総督を経て,37年1月,組閣の「大命」を受けたが,陸軍の反逆にあい組閣に失敗。その後 38年,第1次近衛文麿内閣の外相兼拓務相となり,戦後参議院議員をつとめた。日記が『宇垣一成日記』として公刊されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

うがき‐かずしげ【宇垣一成】
[1868~1956]軍人・政治家。陸軍大将。岡山の生まれ。清浦加藤若槻(わかつき)内閣の陸相を務め、軍縮と軍の合理化・近代化を進めた。のち、朝鮮総督。昭和12年(1937)組閣の大命を受けたが、軍部反対にあって失敗。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

宇垣一成 うがき-かずしげ
1868-1956 明治-昭和時代の軍人,政治家。
慶応4年6月21日生まれ。大正13年清浦内閣の陸相,以後4回就任。14年陸軍大将。軍縮を断行し軍の近代化をすすめ,宇垣閥をきずく。昭和6年に三月事件にかかわり辞任,朝鮮総督となる。12年組閣しようとするが陸軍の反対で断念。28年参議院議員。昭和31年4月30日死去。87歳。備前(岡山県)出身。陸軍大学校卒。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

うがきかずしげ【宇垣一成】
1868‐1956(明治1‐昭和31)
陸軍軍人(大将),政治家。岡山県出身。18歳で軍人を志して上京。陸軍士官学校(1期),陸軍大学校卒。参謀本部部員としてドイツ駐在などを経て,1911年陸軍省軍事課長となり,山本権兵衛内閣の時に実施された陸軍大臣現役武官制の廃止に反対して画策。その後,24年田中義一の推挙により清浦奎吾内閣の陸相に就任,加藤高明内閣若槻礼次郎内閣にも陸相として留任した。この間,加藤内閣下で4個師団の廃止を中心とした宇垣軍縮を断行。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

うがきかずしげ【宇垣一成】
1868~1956 陸軍軍人・政治家。岡山県生まれ。大将。清浦内閣などの陸相を務め、軍縮と軍の近代化を行なった。1937年(昭和12)陸軍内部の反対で組閣に失敗。第二次大戦後、参議院議員。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

宇垣一成
うがきかずしげ
(1868―1956)
軍人(陸軍大将)、政治家。慶応(けいおう)4年6月21日岡山県に生まれる。1890年(明治23)陸軍士官学校卒業、1900年(明治33)陸軍大学校卒業。参謀本部員となり、軍事研究のため日露戦争前後二度ドイツに駐在した。1911年軍務局軍事課長となり、2個師団増設のために活躍、1913年(大正2)山本権兵衛(やまもとごんべえ)内閣のときには軍部大臣現役武官制廃止に反対の立場をとった。1916年参謀本部作戦部長に就任、1918年にはシベリア出兵方針の策定にあたった。その後、陸軍大学校校長、第一〇師団長、教育総監部本部長、陸軍次官を経て、1924年清浦奎吾(きようらけいご)内閣の陸相となり、加藤高明(かとうたかあき)内閣、第一次若槻礼次郎(わかつきれいじろう)内閣と留任。この間、4個師団を廃止し、経費節減分を戦車、飛行機など装備の充実にあて、軍の近代化を図り、同時に学校教練、青年訓練所制度を実現した。1929年(昭和4)浜口雄幸(はまぐちおさち)内閣のときふたたび陸相となったが、1931年、桜会を中心とするクーデター計画である三月事件に関与し、事件後辞職した。その後1936年まで朝鮮総督として、朝鮮の軍需工業の育成と農村振興運動に力を注いだ。1937年広田弘毅(ひろたこうき)内閣総辞職後、組閣の大命を受けたが、陸軍が反対し、軍部大臣現役武官制を利用して陸軍大臣を出さず、組閣を流産させた。翌1938年には近衛文麿(このえふみまろ)内閣の外相、拓務相についたが、興亜院設置をめぐって陸軍と対立、辞任した。戦後、公職追放。解除ののち1953年(昭和28)参議院選挙に出馬、全国区最高点で当選した。昭和31年4月30日死去。[北河賢三]
『『宇垣一成日記』全3巻(1968~1971・みすず書房) ▽井上清著『宇垣一成』(1975・朝日新聞社) ▽堀真清編著『宇垣一成とその時代──大正・昭和前期の軍部・政党・官僚』(1999・新評論)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うがき‐かずしげ【宇垣一成】
陸軍大将。政治家。岡山県出身。陸軍大学校卒。陸相、朝鮮総督、外相、拓務相などを歴任。慶応四~昭和三一年(一八六八‐一九五六

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

宇垣一成
うがきかずしげ
1868〜1956
大正・昭和期の軍人・政治家
陸軍大将。岡山県の生まれ。清浦奎吾・加藤高明・若槻礼次郎各内閣の陸相,朝鮮総督,浜口雄幸内閣の陸相を歴任。宇垣閥を形成し,三月事件で軍閥政権の首相に擬されたが,拒絶し軍部内の支持を失う。1937年広田弘毅内閣のあと組閣にあたったが,軍部の反対で断念した。翌年第1次近衛文麿内閣に外相として一時入閣。第二次世界大戦後の'53年参議院議員選挙で全国区最高点で当選した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宇垣一成」の用語解説はコトバンクが提供しています。

宇垣一成の関連情報

関連キーワード

戊辰戦争早竹虎吉(初代)明治東京(都)ブートレロフ津田ブハラ・ハーン国ブラームスブルックナー柳河春三

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation