@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

宇多源氏【うだげんじ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

宇多源氏
うだげんじ
宇多天皇の皇子斉世,敦慶,敦固,敦実の4親王の子をとする氏族。それぞれ姓を賜わって臣籍に降り,宇多源氏といわれた。そのうち,敦実親王の子雅信,重信の流れが最も栄えた。なかでも,雅信は左大臣となり,娘倫子を藤原道長の室にするなどして,子孫繁栄の基礎を築いた。その子時仲の流れは,室町時代,後花園,後柏原両天皇の母を出した庭田氏や,音曲の家である綾小路氏となり,時仲の弟時方の流れは五辻氏となり,いずれも朝廷に奉仕した。また,同じく時仲の弟扶義の流れは,近江佐々木に住んで佐々木氏となり,これから,六角,京極,塩冶,尼子の各氏が出て室町,戦国時代,武家として活躍した。 (→源氏 )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

うだげんじ【宇多源氏】
宇多天皇を祖とする賜姓源氏。一世の賜姓は藤原忠平室となった源順子など女子のみで,他は斉世,敦慶,敦固,敦実諸親王の子の賜姓である。敦実親王の系統が最も栄えた。親王の子源雅信(920‐993)は左大臣として朝廷に重きをなし,弟重信(922‐995)も左大臣に昇ったが,ともに父敦実親王の才能をうけて音楽の道に秀でていた。雅信の兄の寛朝(かんちよう),弟雅慶(がけい)はともに東寺長者,法務,大僧正となり,真言密教の重鎮として活躍した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

うだげんじ【宇多源氏】
宇多天皇の第九皇子敦実あつみ親王を祖とする源氏。親王の子雅信・重信・寛信の三人が源姓を賜った。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

宇多源氏
うだげんじ
宇多天皇の4皇子の子孫で源(みなもと)姓を与えられて臣籍に入った者の流れ。敦実(あつざね)親王の子雅信(まさのぶ)の子孫が最も栄え、綾小路(あやのこうじ)、庭田(にわだ)、五辻(いつつじ)、慈光寺(じこうじ)、春日(かすが)氏などの公家(くげ)や武家の佐々木氏(近江(おうみ)源氏)が出た。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うだ‐げんじ【宇多源氏】
宇多天皇の孫王をその祖とする源氏の一流。その中で第九皇子、敦実親王の子孫が最も栄え、綾小路、庭田、近江源氏佐々木、五辻、春日、慈光寺氏らを出した。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

うだ‐げんじ【宇多源氏】
宇多天皇の皇子、敦実(あつみ)親王を祖とする源氏一統

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宇多源氏」の用語解説はコトバンクが提供しています。

宇多源氏の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation