@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

宇宙科学研究所【うちゅうかがくけんきゅうじょ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

宇宙科学研究所
うちゅうかがくけんきゅうじょ
1981年4月に設立された国立大学共同利用機関。 1964年4月に,旧東京大学航空研究所と生産技術研究所のロケット部門を統合して発足した東京大学宇宙航空研究所が改組転換したもの。 2003年 10月航空宇宙技術研究所宇宙開発事業団と統合し,宇宙航空研究開発機構となった。科学観測衛星とその打ち上げ用ロケットの研究開発を行なっており,日本の宇宙科学研究の中枢機関となっている。鹿児島県肝付町にロケット発射場をもち,ラムダ 4S型5号機で国産衛星「おおすみ」を打ち上げたのち,各種のミュー・ロケットによって 1992年までに 20個の人工衛星・探査機の打ち上げに成功している。また毎年,夏と冬の実験期間に観測ロケットを発射している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

うちゅうかがくけんきゅうじょ【宇宙科学研究所】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

宇宙科学研究所
うちゅうかがくけんきゅうじょ
Institute of Space and Astronautical Science
宇宙理学および宇宙工学の学理およびその応用研究を行うことを目的とした文部科学省附属の大学共同利用機関。略称はISAS(アイサス)。前身は東京大学生産技術研究所の宇宙研究グループで、1964年(昭和39)東京大学宇宙航空研究所となり、日本初の人工衛星「おおすみ」の打上げに成功したほか、科学衛星およびその打上げ用のM(ミュー)ロケットの開発を行った。1981年に東京大学宇宙航空研究所は宇宙科学研究所に改組され、文部省管轄の国立研究機関となったが、さらに2001年(平成13)1月の中央省庁再編による文部科学省の発足に伴い、同省の傘下となった。宇宙航空研究所時代も含めて、2010年までに科学衛星31個を打ち上げた。
 宇宙科学研究所の本部は神奈川県相模原(さがみはら)市にあり、そのほか鹿児島宇宙空間観測所(現、内之浦宇宙空間観測所)、能代(のしろ)ロケット実験場、三陸大気球観測所、臼田(うすだ)宇宙空間観測所などの施設があった。おもな業務は、科学観測のための人工衛星およびそれを打ち上げるロケットの研究開発、大気球、観測ロケットの研究開発、国際協力研究事業の推進などで、日本の宇宙理学、宇宙工学研究の中核的役割を果たした。2003年(平成15)10月、宇宙開発事業団(NASDA)および航空宇宙技術研究所(NAL)と統合し、新たな独立行政法人、宇宙航空研究開発機構Japan Aerospace Exploration Agency(JAXA(ジャクサ))の一部門、宇宙科学研究本部となり、さらに2010年4月にはその名称を元の宇宙科学研究所と改称した。[平木 一・久保園晃]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宇宙科学研究所」の用語解説はコトバンクが提供しています。

宇宙科学研究所の関連情報

関連キーワード

ホンダ・エレクトロ・ジャイロケータハメネイラジャイ北川透銀行法座散乱木遺跡灰谷健次郎布野修司松本幸四郎ングーギ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation