@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

宇宙開闢説【うちゅうかいびゃくせつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

宇宙開闢説
うちゅうかいびゃくせつ
cosmogony
宇宙の発生についての神話的な物語。天地,人間をはじめとする各種生物,社会組織など事物の起源は,すべての神話の主要なテーマであるが,そのなかでも最初の世界,または宇宙の発生は,すべてのものに先立つものだけに,重要なテーマとなっている。天地,宇宙の開闢神話はとりわけ高度に発展した文化圏にみられ,その内容から,創造型と発展型の二つに大別することができる。創造型とは,宇宙の成立を制作行為になぞらえて理解するもので,『聖書』の創世記にみられるように,創造神が単独で制作するという形式と,最高神が他と共同でこれを生み出すような形式とがある。記紀の国生み神話に語られるように,世界の発生を神々の生殖行為にかたどってみる例も多い。発展型とは,このように何らかの意図的な介入なしに,宇宙がいわば自然に生じたとするもので,ある最初の物質や混沌のなかから現れたとするもの,宇宙卵ないし胚芽から成長したとするもの,あるいはまた人間や動物の姿をもつ原存在の体ないし死体から,万物が生じたとするものなどがある。これらは一応の区別であって,多くは,たとえば,中国の盤古神話のように,宇宙卵モチーフと原人化生モチーフが結合したものである。宇宙開闢神話は,それが形成された時期の世界像を示したものとみられるが,時とともに,そのなかから新しい思弁が展開する基盤となったことも,注意しなければならない。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

うちゅうかいびゃくせつ【宇宙開闢説】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

宇宙開闢説」の用語解説はコトバンクが提供しています。

宇宙開闢説の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation