@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

宇文化及【うぶんかきゅう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

宇文化及
うぶんかきゅう
Yu-wen Hua-ji; Yü-wên Hua-chi
[生]?
[没]武徳2(619)
中国,隋の反臣。北周系の門閥宇文述の長子。隋末に各地で反乱が起ったとき,化及は北帰を望む軍人らを率いて江都にいた煬帝 (ようだい) を殺した。化及は煬帝の甥楊浩を擁立して北帰しようとしたが,途中で楊浩を殺し,みずから帝位についた。国を許と号し,年号天寿と称し百官を任命した。やがて竇建徳 (とうけんとく) と戦って敗れ,斬られた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

うぶんかきゅう【宇文化及 Yǔ wén Huà jí】
?‐619
中国,隋の貴族,煬帝(ようだい)の殺害者。祖父以来将帥の家柄で,父の宇文述は煬帝のを得て貴顕の地位に上った。宇文化及も右屯衛将軍を授けられたが,弟の宇文智及とともに非行多く,軽薄公子とよばれた。大業(605‐616)末年,煬帝は反乱情勢に阻まれて江都(江蘇省江都県)の離宮から動こうとしなかったので,宇文化及は北帰を望む近衛軍の将兵に擁されて煬帝を殺し,帝の甥浩を奉じて北上,魏県(河北省大名県)で浩を殺して即位し許国を建てたが,まもなく竇建徳(とうけんとく)に滅ぼされた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

うぶん‐かきゅう ‥クヮキフ【宇文化及】
中国隋の武将。隋末の混乱のさい、煬帝(ようだい)とその子浩を殺して帝位につき、国を許と号したが、竇建徳(とうけんとく)に攻められて敗死。六一九年没。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宇文化及」の用語解説はコトバンクが提供しています。

宇文化及の関連情報

関連キーワード

ムハンマド(イスラム教の創唱者)ボニファチウス5世山形セルリー西川材ブランド佐久長聖高校多武峰エルサルバドル帯広[市]

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation