@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

宇治川【うじがわ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

宇治川
うじがわ
滋賀県南西部から京都府南部を流れる川。淀川水系の一部。琵琶湖から流出する瀬田川源流とし,大津市南郷で宇治川となり,木津川桂川と合流し淀川となるまでの部分をいう。現在の河川法では宇治川という名称は存在せず,川中流部の通称である。長さ約 25km。古生層の山地を刻んで峡谷をなし,宇治で京都盆地に出る。かつては宇治からまっすぐに西へ流れて巨椋 (おぐら) 池に注いでいたが,文禄3 (1594) 年豊臣秀吉が伏見を経由する現在の流路に替えた。峡谷部は宇治川ラインと呼ばれる景勝地で,宇治の近くに流量調節および発電用の天ヶ瀬ダムが 1964年に完成。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

うじ‐がわ〔うぢがは〕【宇治川】
琵琶湖に発する瀬田川の大津市南郷より下流の称。宇治市を流れ、大山崎町で桂川木津川と合流して淀川となる。網代(あじろ)名所。[歌枕]
「もののふの八十(やそ)―の網代木(あじろき)にいさよふ波の行くへ知らずも」〈・二六四〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクション

うじがわ【宇治川】
福井の日本酒。蔵元は「佐々木酒造」。現在は廃業は勝山市本町にあった。

出典:講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

うじがわ【宇治川】
京都府宇治市から京都盆地へ流れ出す河川。琵琶湖を水源として流出する唯一の川で,京都・大阪の府境付近で桂川,木津川と合流して淀川と名を変えるまでの流路の長さは約30km。上流は瀬田川といい,宇治市に入って宇治川と名を改める。滋賀県全域の流水はすべてこの川に流れこむために流量は大きく,巨椋池(おぐらいけ)干拓地周辺が水害を受けることが多く,1953年9月の台風13号による水害を契機に宇治川の治水事業が進展した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

うじがわ【宇治川】
平曲曲名。平物(ひらもの)。拾イ物。都に攻め上る義経方と迎え撃つ木曾義仲方が宇治川の両岸に対陣した。比良・志賀の山の雪が解けて川水が増し,逆巻く白波の上にが立ちこめたである(〈三重(さんじゆう)〉)。評定も終わって畠山勢が渡河を始めたとき,平等院の対岸から並んで川に乗り入れた2騎があった。頼朝下賜の生食(いけずき)に乗った佐々木高綱と,同じく摺墨(するすみ)に乗った梶原源太(景季)である。先行の梶原が,〈馬の腹帯が伸びている〉という佐々木の注意で締め直しているすきに,佐々木が駆け抜けた(〈拾イ〉)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

宇治川
うじがわ

淀(よど)川水系中流の河川。琵琶湖(びわこ)から流下する瀬田川は、滋賀県大津市南郷の洗堰(あらいぜき)から下流を宇治川という。宇治川は京都府と滋賀県の境にあたる醍醐(だいご)山地を、くの字形の流路をとって流れるが、峡谷美に富むため、宇治川ラインとよばれる。宇治市から京都盆地を西流して、大阪府との境の大山崎町で桂(かつら)川、木津(きづ)川と合流して淀川となる。1964年(昭和39)に宇治市の天ヶ瀬(あまがせ)に天ヶ瀬ダムが建設された。堤高73メートル、長さ254メートル、水力発電、洪水調節などの多目的ダムである。1970年には上流右岸の喜撰山(きせんやま)山腹に、宇治川からの揚水による喜撰山ダムと地下発電所が完工した。また宇治川ラインの天ヶ瀬から大津市外畑までの12.2キロメートルの間は、天ヶ瀬ダムによって水位が上昇して長大な人工湖となり、いっそう風光美を加え、ことに初夏の新緑、秋の紅葉が美しい。沿岸には自動車道が開通した。

 なお、宇治市の平等院(びょうどういん)前の中州の塔の島付近では夏に鵜飼(うかい)が行われる。またこのあたりは宇治川の渡河地点として、治承(じしょう)、寿永(じゅえい)、承久(じょうきゅう)、建武(けんむ)などの宇治川の戦いの古戦場となった所で、佐々木高綱(たかつな)と梶原景季(かじわらかげすえ)の先陣争い(1184)の物語は有名である。

[織田武雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典・日本の観光資源

宇治川
(京都府宇治市)
関西自然に親しむ風景100選指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宇治川
(京都府)
日本百景」指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うじ‐がわ うぢがは【宇治川】
琵琶湖を源とする瀬田川の宇治市から下流をいう。京都盆地を流れて木津川・桂川と合流する。治承、寿永、承久、建武などの古戦場。蛍の名所としても知られた。八十氏河(やそうじがわ)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宇治川」の用語解説はコトバンクが提供しています。

宇治川の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation