@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

宇治市【うじ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

宇治〔市〕
うじ
京都府南東部,宇治川両岸に広がる市。京都市の南東に接する。1951年宇治町,東宇治町,槇島村(まきしまむら),小倉村,大久保村の 2町3村が合体して市制。京都盆地中部の低地および台地と東方の山地にまたがる。中心市街地の宇治は宇治川の谷口集落。平安時代には貴族の別荘地。中世以降は宇治茶の産地として発展し,今日も碾茶(てんちゃ),玉露などの高級茶の生産地,集散地。化学,車両,電器などの近代工業も発達し,宅地化も進む。平等院鳳凰堂,木造阿弥陀如来坐像などが国宝に指定され,庭園は史跡および名勝として名高い。また,日本最古の神社建築である本殿と檜皮ぶきの拝殿がともに国宝の宇治上神社がある。このほか,宇治神社の本殿と菟道稚郎子命坐像(うじのわきいらつこのみことざぞう。→菟道稚郎子),三室戸寺の木造釈迦如来立像,放生院(橋寺)の木造地蔵菩薩立像,地蔵院の板彫両界曼荼羅,黄檗山萬福寺の大雄寶殿,法堂,三門など,国の重要文化財を所蔵する名刹が多い。隼上り瓦窯跡(はやあがりかわらがまあと。国指定史跡),宇治川ラインの景勝地があり,観光地としても有名。宇治川一帯は琵琶湖国定公園に属する。JR奈良線,近畿日本鉄道京都線,京滋バイパスが通じ,京阪電気鉄道宇治線の起点。面積 67.54km2。人口 18万4678(2015)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

うじ‐し〔うぢ‐〕【宇治市】
宇治

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宇治市」の用語解説はコトバンクが提供しています。

宇治市の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation