@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

守礼門【シュレイモン】

デジタル大辞泉

しゅれい‐もん【守礼門】
沖縄県那覇市の旧首里城大手にある。尚清王時代(1527~1555)に創建。「守礼之邦」のが掲げられていたことから名づけられた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しゅれいのもん【守礼門】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

守礼門
しゅれいもん

沖縄県那覇市、首里城跡の入口にある門。歓会(かんかい)門と中山(ちゅうざん)門との間に立つ第二楼門。尚清(しょうせい)王時代(1527~55)に創建。古名は待賢(たいけん)門または首里門。1664年、尚育王のときから「守之邦」の扁額(へんがく)を常掲するようになり、守礼門と称するに至った。三間坊楼、屋根は入母屋造(いりもやづくり)木瓦葺(きがわらぶ)き・重層で、一見中国風にみえるが、琉球(りゅうきゅう)独特の建築である。1933年(昭和8)国宝に指定されたが、戦災で焼失した。58年(昭和33)に再建された。

[堂前亮平]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しゅれい‐もん【守礼門】
沖縄県那覇市首里の旧首里城正門近くにある門。尚清王時代(一五二七‐五五)の創建とされる。「守礼之邦」の額が掲げられているところからの称。戦災で焼失、昭和三三年(一九五八)再建した。上綾門。待賢門。首里門。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

守礼門」の用語解説はコトバンクが提供しています。

守礼門の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation