@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

守貞親王【モリサダシンノウ】

デジタル大辞泉

もりさだ‐しんのう〔‐シンワウ〕【守貞親王】
[1179~1223]鎌倉時代の皇子高倉天皇の子、安徳天皇異母弟平家に育てられたが、平家滅亡後は出家し、持明院宮と称した。承久の乱の後、子の茂仁(ゆたひと)が後堀河天皇として即位したため、自らは天皇として即位しなかったが、太上法皇として院政を行った。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

もりさだしんのう【守貞親王】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

もりさだしんのう【守貞親王】
1179~1223 高倉天皇の第二皇子。1221年、子の茂仁親王(後堀河天皇)が即位すると、皇位につくことなく太上法皇(後高倉院)となり院政を行なった。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

守貞親王
もりさだしんのう
(1179―1223)
鎌倉時代中頃の親王で、のちの後高倉上皇(ごたかくらじょうこう)。高倉天皇の第2皇子で母は藤原隆信(ふじわらのたかのぶ)の女(むすめ)の七条院殖子。1179(治承3)2月28日に藤原兼盛(かねもり)の宅で生まれる。平氏に擁立された安徳天皇(あんとくてんのう)の異母弟にあたる。平氏一門の平知盛(とももり)に養育され、1183年(寿永2)に平氏に伴われて都落ちした。平氏が滅亡すると1189年(文治5)に帰京して親王宣下を受け守貞と称する。その後1212年(建暦2)に出家。行助(ぎょうじょ)という法名を名乗る。1221年(承久3)に起きた承久の乱で朝廷軍が鎌倉幕府軍に敗れ、後鳥羽上皇をはじめ3人の上皇が配流されて上皇が不在となると、院政を常とする当時の風潮から上皇が必要となった。そのため、幕府の後押しを受けた後堀河天皇(ごほりかわてんのう)の父である行助が上皇となる。天皇として即位したことのない親王が上皇となるのはきわめて異例のことであった。法皇として2年にわたる院政をおこなったのち、1223年(貞応2)に持明院殿で没し、後高倉の諡(おくりな)を贈られた。[秋山哲雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

守貞親王 もりさだしんのう

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

守貞親王」の用語解説はコトバンクが提供しています。

守貞親王の関連情報

関連キーワード

フィリップ大友能直フィリップ[2世]フィリップフィリップ2世ネマニッチ朝フィリップ2世茨山フィリップ(2世)後高倉院

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation