@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

守銭奴【しゅせんど】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

守銭奴
しゅせんど
L'Avare
フランスの劇作家モリエール喜劇。5幕,散文。 1668年パレ=ロワイヤル座で初演。 69年刊。プラウツスの『』,ボアロベールの『美しき訴訟女』 (1655) を粉本に,貪欲な老アルパゴンが金のために娘の幸福を妨げ,息子と恋人を奪い合う姿を描いて,高利貸風刺し,金銭欲にとらわれた人間の堕落をあばいた作者中期の性格喜劇傑作で,古典喜劇の代表作。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しゅせん‐ど【守銭奴】
金をため込むことばかりに執心する、けちな人。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しゅせんど【守銭奴】[戯曲]
原題、〈フランス〉L'Avareモリエール戯曲。5幕。1668年初演。守銭アルパゴンが息子や娘に金のための結婚をさせ、自分は息子の恋人と再婚しようとして引き起こす、こっけいな騒動を描いた喜劇。プラウトゥスの戯曲「黄金の壺」などに基づく。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しゅせんど【守銭奴 L’avare】
モリエール作の五幕散文喜劇。初演1668年。プラウトゥスの《黄金の壺》,ボアロベールの《美しい訴訟女》を下敷きに書かれ,イタリアのコメディア・デラルテの老父役パンタローネをフランス化した守銭奴アルパゴンを主人公とする作品。モリエール自身が主役を演じた。金銭欲に取りつかれて生涯を過ごした男が,晩年に至り,心に隙間風の吹くのを覚える。弱気を打ち消そうとした彼アルパゴンが立てた計画は,子供たちを金持の老人に縁付かせ,自分は老残の身も顧みず若い娘と結婚することだった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しゅせんど【守銭奴】
金銭をためることに異常な執着をもつ人。貪欲どんよくでけちな人。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しゅせんど【守銭奴】
モリエールの喜劇。五幕。1668年初演。主人公アルパゴンの徹底した吝嗇りんしよくぶりを描いて当時のブルジョアを風刺。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

守銭奴
しゅせんど
L'Avare
フランスの劇作家モリエールの戯曲。五幕散文喜劇。1668年初演。吝嗇(りんしょく)な高利貸アルパゴンは年がいもなく若い女性マリアーヌを後妻に迎えようとするが、彼女は息子クレアントの恋人であることがわかり、奇妙な三角関係が生じる。他方、アルパゴンの娘のエリーズは執事バレールとひそかに愛し合っているが、父親は金持ちの老人アンセルムに嫁がせる意向で、こちらの恋も前途多難である。下男がクレアントのために、吝嗇なアルパゴンが宝としている金貨の箱を盗み出す。それを返すという条件で息子はようやくマリアーヌと結ばれる。また、巡り会いの偶然から執事とマリアーヌが兄妹、アンセルムがその父という関係が判明し、エリーズの恋も成就する。アルパゴンという強烈な個性の創造とともに、古株の料理番兼馭者(ぎょしゃ)、とりもち稼業の女など、多彩な人物を通じ町人階級の風俗が生き生きと描き出されている。[井村順一]
『鈴木力衛訳『守銭奴』(岩波文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しゅせん‐ど【守銭奴】
[1] 〘名〙 金銭に執着し、貯めることだけに熱心な人。けちな人をののしっていう蔑称。守銭虜。
※江戸繁昌記(1832‐36)五「一雀道ふ、世間守銭奴並に是れ是れ。何ぞ独那廝ならん」
※雁(1911‐13)〈森鴎外〉六「これまで小説に書かれたり、芝居に為組まれたりしてゐる守銭奴(シュセンド)は」
[2] (原題L'Avare) 戯曲。五幕。モリエール作。一六六八年パレ‐ロワイヤルでモリエール一座初演。けちで貪欲(どんよく)な高利貸アルパゴンの本性を通して、金銭欲が人間を非人間的にしたり、親子関係をも狂わせてしまうことを批判的に描いた散文喜劇。尾崎紅葉の戯曲「夏小袖」はこの作品を翻案したもの。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

守銭奴」の用語解説はコトバンクが提供しています。

守銭奴の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation