@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

安中城【あんなかじょう】

日本の城がわかる事典

あんなかじょう【安中城】
群馬県安中市にあった戦国時代の城郭。1559年(永禄2)に、甲斐の武田信玄の西上野進出に備えるため、安中忠政によって築かれた。同城築城後、嫡子忠成を城将とし、忠政自身は松井田城を強化して信玄に備えた。1561年(永禄4)、信玄は安中城と松井田城の中間に陣城を築いて両城を分断し、1564年(永禄7)には両城を攻略した。その後、安中城は武田氏の城となった。1575年(天正3)の長篠の戦い後は、廃城同然の状態になったが、関東に国替えになった徳川家康臣下の井伊直勝が安中に入封、同城を再築・再興させた。その後、安中藩が成立、藩主はめまぐるしく変わったが、陣屋造りの城が明治に入るまで存続した。現在、文化センターや安中小学校のある一帯がかつての本丸である。安中小学校正門前には安中城跡のがある。安中城の遺構はほとんど失われてしまっているが、かつての外郭に2棟の武家屋敷が移築されて現存している。また、未検証だが、市内の熊野神社および民家にそれぞれ城門が、また市内民家に武器庫が移築されている。JR信越本線安中駅からバスで大手前下車。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

安中城」の用語解説はコトバンクが提供しています。

安中城の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation