@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

安中散【あんちゅうさん】

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典

あんちゅうさん【安中散】
漢方薬の一つ。生薬(しょうやく)桂皮(けいひ)延胡索(えんごさく)牡蛎(ぼれい)茴香(ういきょう)甘草(かんぞう)縮砂(しゅくしゃ)良姜(りょうきょう)などを含む。市販品には茯苓(ぶくりょう)を加えたものもある。宋(そう)代の医学書『和剤局方(わざいきょくほう)』などに処方が示されている。神経性胃炎胃酸過多慢性胃炎胃下垂胃潰瘍(かいよう)十二指腸潰瘍などに用い、みぞおちの痛み、嘔吐(おうと)消化不良、腹が張る、胸焼け、口に酸っぱい水が上がってくるといった症状をともなっているとき、とくに有効とされる。冷え症貧血ぎみ、また痩(や)せて体力のない人がおもな対象。このような人は腹力が弱く、腹に動悸(どうき)がみられ、水が(た)まっていることもある。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

安中散(あんちゅうさん)
漢方処方製剤。胃腸に効く数種類の生薬を配合

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

病院でもらった薬がわかる 薬の手引き 電子改訂版

安中散

(大杉製薬、クラシエ製薬、クラシエ薬品、小太郎漢方製薬、ジェーピーエス製薬、高砂薬業、ツムラ、帝國漢方製薬、帝國製薬、東洋薬行、本草製薬)


 神経性胃炎慢性胃炎胃下垂胃アトニーの治療薬で、日頃から胃痛や胸やけの症状がある、体質が虚弱な人に用います。


①ほかに薬を服用しているときは、あらかじめ医師に報告してください。


②過敏症状(発疹ほっしんやかゆみなど)が現れたら、服用を止め、医師に報告してください。


③指示された期間服用しても症状が改善しないときは、医師に報告してください。


④長期間服用しているときに、血圧の上昇、むくみ、体重増加、脱力感、手足のけいれんや麻痺まひなどの異常を感じたら、服用を止め、すぐ医師に報告してください。

出典:病院でもらった薬がわかる 薬の手引き 電子改訂版
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

安中散」の用語解説はコトバンクが提供しています。

安中散の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation