@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

安代【あしろ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

安代
あしろ
岩手県北西部,八幡平市北部を占める旧町域。青森県,秋田県の両県に隣接する。 1956年荒沢村と田山村が合体し町制。 2005年西根町,松尾村と合体して八幡平市となった。津軽街道 (国道 282号線) の宿駅として発展。域内を奥羽山脈が走り,安比岳 (あっぴだけ) ,七時雨山などの山岳が連なる。地名が由来する安比川は太平洋に,米代川は日本海に流れる。大部分が火山灰土に覆われた標高 400m以上の高原農地は少ないが,ブナなどの山林資源に恵まれている。特産品としてソバマイタケ牛肉リンドウがある。南西部の安比岳一帯は十和田八幡平国立公園に属し,JR花輪線赤坂田駅は八幡平の登山口。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

安代
あしろ
岩手県北西部、岩手郡にあった旧町名(安代町(ちょう))。現在は八幡平(はちまんたい)市の北部を占める地域。青森、秋田両県に隣接。1956年(昭和31)荒沢、田山(たやま)の2村が合併して町制施行。2002年二戸郡(にのへぐん)から岩手郡に編入。2005年(平成17)岩手郡西根町(にしねちょう)、松尾村(まつおむら)と合併して市制施行、八幡平市となった。旧町域の中央部を走る奥羽山脈を分水嶺(れい)として、西方に米代川(よねしろがわ)、東方に安比川(あっぴがわ)が流れ、安代の地名も両河川に由来する。JR花輪線が通じる。東北自動車道、八戸(はちのへ)自動車道の分岐点。インターチェンジの設置と結び付いて、安比高原スキー場がオープンし、ホテル、観光農園などを中心とした企業が発足。近くに田山スキー場もある。農林業が主体で肉牛、高冷地野菜の生産、山菜加工などが盛ん。リンドウの栽培は県内一を誇っている。民俗学的にも貴重な資料である「田山盲暦(たやまめくらごよみ)」があり、木版が残っている。[川本忠平]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

安代 (やすよ)
生年月日:1680年4月19日
江戸時代中期の薩摩の刀工
1728年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

やすよ【安代】
江戸中期の薩摩の刀工。玉置小市ともいい、一平安貞の子。享保六年(一七二一)、宮原正清とともに江戸浜御殿で刀を鍛え、銘に一葉葵紋を用いることを許され、主馬首を受領した。延宝八~享保一三年(一六八〇‐一七二八

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

安代 やすよ

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

安代」の用語解説はコトバンクが提供しています。

安代の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation