@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

安元【アンゲン】

デジタル大辞泉

あんげん【安元】
平安末期、高倉天皇の時の年号。1175年7月28日~1177年8月4日。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

あんげん【安元】
年号(1175.7.28~1177.8.4)。承安の後、治承の前。高倉天皇の代。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の元号がわかる事典

あんげん【安元】
日本の元号(年号)。平安時代の1175年から1177年まで、高倉(たかくら)天皇の代の元号。前元号は承安(しょうあん)。次元号は治承(じしょう)。1175年(承安5)7月28日改元。天然痘(てんねんとう)流行の凶事を断ち切るために行われた(災異改元)。『漢書(かんじょ)』を出典とする命名。1177年(治承1)、後白河(ごしらかわ)法皇の近臣であった俊寛(しゅんかん)らの平家打倒の謀議が露見して、一味が逮捕される事件が起こった(鹿ヶ谷事件)。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あんげん【安元】
平安時代・高倉天皇の代の年号。承安五年(一一七五)七月二八日疱瘡(ほうそう)の流行のため改元。安元三年(一一七七)八月四日京の大火や藤原成親らの鹿ケ谷(ししがたに)の謀議発覚などの事件が続いたため治承元年となる。出典は「漢書」の「除民害元」。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

安元」の用語解説はコトバンクが提供しています。

安元の関連情報

関連キーワード

三瀦謙三日本年号一覧コンタクトレンズ汚職金戒光明寺承安知恩院北条時房法然下蒲刈島

他サービスで検索

「安元」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation