@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

安南【アンナン】

デジタル大辞泉

アンナン【安南】
ベトナム中部地方。また、この地に建てられたベトナム人国家の称。代に安南都護府が置かれて以来の呼称

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

アンナン【安南】
Annam ベトナムの中部地方。中心都市フエ。唐代に安南都護府が置かれて以来の呼称。一九世紀初めに阮朝げんちようが成立。また、ベトナム全域をアンナンと呼ぶこともある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

アンナン【安南】
(Annan)
[一] ベトナムに対する中国人、フランス人などの外国人による呼称。唐が辺境統治のために置いた都護府の一つ、安南都護府に由来する。
※財政経済史料‐八・経済・外国通商・対外往復文書・元和六年(1620)二月一一日「相共呈書于安南国大都統麾下
[二] 一九世紀後半に、フランスはベトナム植民地を三つに分け、阮朝の王権を認めたベトナム中部の地方を保護領とし、アンナンと称した。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

安南
アンナン
Annan
ヴェトナムに対する中国側の古い呼び名。唐初期の安南都護府に由来
秦・漢代に中国勢力は交趾(現ハノイ付近)まで進出したが,唐の滅亡ヴェトナム民族が自立した。丁朝の大瞿越 (だいくえつ) ,李朝の大越 (だいえつ) をへて,陳朝時代には3度(1257・85・87)モンゴル軍の侵入を撃退して民族的自覚を高め,民族文字字喃(チュノム)も考案された。次の黎朝では,一時チャンパー(占城)を征服して最盛を誇ったが, (てい) ・権臣対立西山党反乱で滅亡。阮氏一族の阮福映はフランス人の援助で1802年阮朝を建て,清は越南王に封じた。フランス領インドシナが成立(1887)すると,再び安南の名が用いられたが,フランスから独立後はヴェトナム(越南)に代わっている。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

安南
アンナン
Annam
インドシナ半島東岸の狭長な地方。現在のヴェトナム
その名は唐の安南都護府(唐の南辺統治機関)に由来する。唐末,五代(907〜960)の争乱に乗じて,秦以来の中国支配から脱却し,明に一時征服されたが,1428年独立。17世紀には朱印船が盛んに出入し,ツーラン・フェフォには日本町ができた。19世紀後半,フランスの保護国となり,第二次世界大戦後独立。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

安南」の用語解説はコトバンクが提供しています。

安南の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation