@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

安嘉門院【あんかもんいん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

安嘉門院
あんかもんいん
[生]承元3(1209).京都
[没]弘安6(1283).9.4. 京都
高倉天皇の皇子守貞親王 (後高倉院) の王女は邦子,母は藤原陳子承久3 (1221) 年,後堀河天皇母儀に准じて立后宣下。皇后と尊称された。元仁1 (24) 年院号宣下。嘉禎1 (35) 年落飾,となり,正如覚と称した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

あんか‐もんいん〔‐モンヰン〕【安嘉門院】
[1209~1283]高倉天皇の皇子守貞親王の王女。後堀河天皇准母(じゅんぼ)から譲られた八条院領は、のちに大覚寺統の重要な所領となった。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

安嘉門院 あんかもんいん
1209-1283 鎌倉時代,後高倉院の皇女。
承元(じょうげん)3年生まれ。母は北白河院。承久(じょうきゅう)3年内親王となり,同母弟の後堀河天皇の准母として皇后位につく。貞応(じょうおう)3年院号をうけ,文暦(ぶんりゃく)2年出家。父よりゆずられた八条院領は亀山天皇に,さらに後年後醍醐(ごだいご)天皇につたわる。弘安(こうあん)6年9月4日死去。75歳。名は邦子(ほうし)。法名は正如覚。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

あんかもんいん【安嘉門院】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

安嘉門院
あんかもんいん
(1209―1283)

後高倉(ごたかくら)院の皇女。名は邦子。母は中納言(ちゅうなごん)藤原基家(もといえ)の女(むすめ)北白河院陳子。1221年(承久3)同母弟の後堀河(ごほりかわ)天皇の准母として立后の宣下(せんげ)を受け、ついで1224年(元仁1)院号宣下を受け、安嘉門院と名のる。1235年(嘉禎1)出家。法名は正如覚。多数の所領からなる八条院領を後高倉院から譲り受け、それを亀山(かめやま)天皇に伝えた。これはやがて後醍醐(ごだいご)天皇に伝えられることになる。

[山本博也]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あんか‐もんいん ‥モンヰン【安嘉門院】
後堀河天皇の准母(じゅんぼ)。高倉天皇の第二皇子守貞親王の娘。名は邦子。貞応三年(一二二四)院号を定められる。のち出家し、法号正如覚。承元三~弘安六年(一二〇九‐八三

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

安嘉門院」の用語解説はコトバンクが提供しています。

安嘉門院の関連情報

関連キーワード

モンフォールアルビジョア十字軍貿易インバランス玉蕊許衡近代秀歌中原親能日野川フランチェスコ修道会

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation