@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

安土桃山文化【あづちももやまぶんか】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

安土桃山文化
あづちももやまぶんか
織田信長豊臣秀吉が政権を握った安土桃山時代の文化。約 30年間にすぎないが,戦国時代を生き抜いた大名武士,さらに海外に進出して蓄財した町人らの旺盛な生活意識が豪壮絢爛たる生活様式を生み,その精神の求めに応じる雄渾な文化を生んだ。安土城,大坂城(→大阪城),伏見城西本願寺飛雲閣,大徳寺唐門など多くの居城塔頭,邸宅の築造がこの時代の文化的芸術的活動の場であり,建築(城郭書院造など),絵画(障屏画など),彫刻(浮彫透かし彫など),これに伴う諸工芸,そして芸能(茶道花道生け花〉,など)もこの時代の風潮に結びついて表現された。さらにキリシタン文化南蛮貿易の影響も受けている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あづちももやまぶんか【安土桃山文化】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

安土桃山文化」の用語解説はコトバンクが提供しています。

安土桃山文化の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation