@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

安宅【あたか】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

安宅
あたか
石川県南西部,小松市の地区,旧町名。 (かけはし) 川の河口にある。かつて北前船による商業活動で栄えたが,北陸本線開通後は漁港としてイカ,ブリを水揚げする。小松市街への通勤者が増加している。歌舞伎の『勧進帳』で知られる安宅の関跡がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

安宅
あたか
能の曲名。四番目物 (→雑物 ) 。作者は観世小次郎信光説もあるが,未詳。義経追捕のために設けられた安宅の新富樫 (ワキ) が守護する。弁慶 (シテ) は義経 (子方) を強力 (ごうりき) 姿につくり,作り山伏一行となって新関にかかると,富樫はこれを怪しみとどめる。一同は覚悟を決め,山伏の勤行を始めるが,勧進帳の聴聞を求められ,弁慶が高らかに読上げる。疑いも晴れ,関を通ろうとするとき,強力姿の義経を見出され,郎党 (ツレ) は勇むが,弁慶の知略で事なきを得る。安堵する主従のもとへ,先度の非礼をわびる富樫から酒が届けられ,弁慶は一差し舞って喜ぶ (男舞) 。劇的構成をもつ現在物で,のち歌舞伎に入って『勧進帳』となった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

あたか【安宅】
石川県小松市西部の地名。北陸道宿駅
謡曲。四番目物観世小次郎信光作。奥州へ落ちる義経主従は、途中、安宅の関で富樫(とがし)に見とがめられるが、弁慶機転で無事通過する。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あん‐たく【安宅】
身を置くのに安全で心配のない所。
《「孟子」公孫丑の「夫れは、尊爵なり、人の安宅なり」から》の道のたとえ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あたか【安宅】
能の曲名。四番目物現在物観世信光作。シテは武蔵坊弁慶。安宅関の関守富樫(とがし)(ワキ)は,源義経捕縛の命を受けている。兄頼朝に追われている義経は,家来の弁慶たちと山伏に変装して奥州へ落ちのびる途中,この関にさしかかる。弁慶は,東大寺復興の寄付を募る山伏と偽り,持ちあわせの経巻を勧進帳と名付けて,寄付募集の趣旨即席に案文しながら読みあげ(〈読物〉),いったんは通過を許される。しかし,わざと重荷を背負っていた義経が見とがめられたので,弁慶は足弱なため疑われたのだとののしって,金剛杖で打ちすえ,事なく通過する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

あんたく【安宅】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

あたか【安宅】
◇石川県小松市の北西部、日本海に面する小漁港。北陸道の旧宿駅。安宅の関の遺址いしといわれる所がある。
能の一。四番目物。作者未詳(観世信光作とも)。作り山伏となって奥州へ向かう義経主従が、安宅の関で関守の富樫とがし某にとがめられるが、弁慶の機転で危うく通りぬけるという筋。「義経記」などによる。歌舞伎「勧進帳」の典拠。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あたけ【安宅】
「安宅船あたけぶね」の略。 日葡

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あたか【安宅】
[一]
① 石川県小松市の地名。梯(かけはし)川河口右岸にあり、鎌倉初期には関所が設けられた。
[二] 謡曲。四番目物。各流。作者未詳。兄頼朝の怒りにふれた義経主従が山伏姿に身をやつして奥州に落ちのびていく途中、安宅の関で富樫何某(とがしのなにがし)に見とがめられるが、弁慶の機転で無事通過する。歌舞伎十八番の「勧進帳」のもとになった曲。
[三] 歌舞伎所作事、「隈取安宅松(くまどりあたかのまつ)」の通称。長唄、富士田吉次作曲。明和六年(一七六九)江戸市村座初演。顔見世狂言「雪梅顔見勢(むつのはなうめのかおみせ)」の一部。安宅の松。弁慶道行。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あたけ【安宅】
[1] 〘名〙 「あたけぶね(安宅船)」の略。〔日葡辞書(1603‐04)〕
[2] (安宅丸(一)が繋留されていたところから) 江戸時代、江戸深川御船蔵前片側町の俗称。正徳(一七一一‐一六)頃、この地に水茶屋ができ遊び場となったが、江戸岡場所の一つで、俗に安宅長屋と呼ばれた。
※洒落本・両国栞(1771)「あたけの方より来る人そそり哥」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あん‐たく【安宅】
〘名〙
① 身を置くのに安全で心配のない所。また、平穏に家にいること。〔日葡辞書(1603‐04)〕〔詩経‐小雅・鴻鴈〕
② (「孟子‐公孫丑・上」の「夫仁、天之尊爵也、人之安宅也」による) 仁を安らかな住居にたとえていう。→安宅正路(あんたくせいろ)
※童子問(1707)上「蓋学者終身之業也。苟以此為法。則安宅可居。大路可由」
③ (普通、安宅経を読誦(どくじゅ)するところから) 朝鮮で、一家の災厄を払い除くために行なう祈祷祭。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典

安宅
あたか
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
初演
延宝5.10(江戸・大和守邸)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

安宅
(通称)
あたか
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
星合十二段 など
初演
元禄15.2(江戸・中村座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

安宅」の用語解説はコトバンクが提供しています。

安宅の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation