@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

安山岩線【あんざんがんせん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

安山岩線
あんざんがんせん
andesite line
太平洋の島々をつくる火山岩玄武岩であるのに対して,日本列など太平洋を取巻く大陸の縁では安山岩が広く分布する。安山岩の分布する太平洋縁のを連ねた線を安山岩線という。大洋底をつくる地殻は玄武岩の性質をもつのに,大陸地殻はこの上にケイ酸分の多い花崗岩の性質をもつ地殻が重なっていることが安山岩線からもわかる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典

安山岩線
太平洋地域では,大陸と海洋との境界に沿って狭い地域にカルクアルカリ安山岩が分布している特徴がある.この線を安山岩線と呼んでいる[Marshall : 1912, Bryan : 1944].この分布は大きな地質構造と関係し,安山岩以外にも火山,結晶片岩,オフィオライトなどの分布があり,構造的なものとして論じられている.このような特徴的な安山岩の分布はカルク・アルカリ岩や安山岩の成因と関連して注目されている[Gill : 1981, Thorpe : 1982, McBirney : 1969].

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あんざんがんせん【安山岩線】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

安山岩線
あんざんがんせん

太平洋を取り巻いている安山岩分布の境界線。1912年にニュージーランドの地質学者マーシャルP. Marshallによって提唱されたもので、この線の内側には典型的なカルク・アルカリ岩系の安山岩は分布しないで、外側には造山帯、島弧などに特有なカルク・アルカリ岩系の安山岩類が分布する。境界線はおよそ南北アメリカの西海岸に平行にアリューシャン列島、千島列島、日本列島、マリアナ、パラオ、ビスマーク、フィジー、トンガの各諸島周辺を通って、ニュージーランドに至る。海洋性地殻と大陸性地殻の境界を意味するものと考えられるが、正確な位置については不明の点も多い。提唱者にちなんでマーシャル線とよばれることもある。

[矢島敏彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

安山岩線」の用語解説はコトバンクが提供しています。

安山岩線の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation