@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

安心院【あじむ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

安心院
あじむ
大分県北部,宇佐市南東部の旧町域。駅館川の上流津房川流域に開ける。 1938年町制。 1955年深見村,佐田村,津房村の3村および駅川村の一部と合体。 2005年宇佐市,院内町と合体し,宇佐市となる。古くからの農業地域で,条里制遺構がみられる。米作畜産のほか,1965年からは国営パイロット事業としてブドウ栽培も行なわれる。清流を利用したスッポン養殖でも知られる。竜王山,仙ノ岩,東椎屋の滝,福貴野の滝などの景勝地,楢本磨崖仏のほか,1976年開園の九州自然動物公園 (アフリカンサファリ) もあり,多くの観光客を集める。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

安心院
あじむ
大分県北部、宇佐(うさ)郡にあった旧町名(安心院町(まち))。現在は宇佐市の南部東寄りにあたる地域。旧安心院町は1938年(昭和13)町制施行。1955年深見(ふかみ)、津房(つぶさ)、佐田(さだ)の3村および駅川(えきせん)村の一部と合併。2005年(平成17)宇佐市に合併。国道500号と宇佐別府道路が通じる。旧町名は中世以来の地名による。湖水跡にアシが生えていたので蘆生(あしぶ)、のち「あじむ」とよばれたという。駅館(やっかん)川支流の深見川、津房川、佐田川が盆地を流れ、その流域と、3川が合流する安心院断層盆地に米、周縁の第三紀丘陵にブドウを産する。盆地には条里遺構があり、中心の安心院は市場町。竜王山(315メートル)の麓(ふもと)に17世紀(細川、松平両氏の時代)の小城下町の名残(なごり)がある。仙の岩(せんのいわ)、東椎屋の滝(ひがししやのたき)(高さ85メートル)、福貴野の滝(ふきののたき)の耶馬渓(やばけい)式風景と、スッポン、コイ料理にアジムワインが知られる。南畑(みなみはた)の溶岩台地上にはアフリカンサファリ(九州自然動物公園)があり、楢本磨崖仏(ならもとまがいぶつ)も知られる。[兼子俊一]
『『安心院町誌』(1970・安心院町)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

安心院」の用語解説はコトバンクが提供しています。

安心院の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation