@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

安楽庵策伝【あんらくあん さくでん】

美術人名辞典

安楽庵策伝
安土桃山・江戸前期の・茶人。美濃生。名は日快、号を醒翁、俗名を平林平太夫。京都誓願寺五十五世法主となり紫衣を許される。茶道古田織部に学び、晩年は誓願寺の境内安楽庵を結んで風流の道を楽しんだ。近衛信尋小堀遠州松永貞徳らと交わる。自作及び集した笑話を集め『醒睡笑』を起筆、板倉重宗に献呈した。落語家のといわれる。寛永19年(1642)寂、89才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

あんらくあん‐さくでん【安楽庵策伝】
[1554~1642]江戸初期の説教僧・茶人・笑話作者。美濃の人。京都誓願寺住職、のち塔頭(たっちゅう)竹林院に隠居し、茶室安楽庵を結ぶ。落語の祖ともいわれる。醒睡笑(せいすいしょう)」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

安楽庵策伝 あんらくあん-さくでん
1554-1642 織豊-江戸時代前期の僧。
天文(てんぶん)23年生まれ。浄土宗。京都禅林寺で智空に師事,慶長18年京都誓願寺55世。板倉重宗のすすめで笑話集「醒睡笑(せいすいしょう)」をまとめ,落語の祖といわれる。寛永19年1月8日死去。89歳。美濃(みの)(岐阜県)出身。法名は日快。別号に醒翁。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

あんらくあんさくでん【安楽庵策伝】
1554‐1642(天文23‐寛永19)
近世初頭の説教僧。日快と号す。美濃の人。飛驒高山城主金森長近の弟。幼少時代に美濃山県の浄音寺で出家して浄土宗の僧となり,京都東山禅林寺(永観堂)で修行。長じて山陽・近畿地区で布教活動に従事し,いったん美濃の浄音寺に帰ったが,1613年(慶長18)に京都の大本山誓願寺55世住職となる。同寺在住中に《醒睡笑》8巻を著し,同書が完成した23年に誓願寺塔頭(たつちゆう)竹林院を創立してここに隠居。茶室の安楽庵に風流の人士を招いて茶事をなし,狂歌を楽しむ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

あんらくあんさくでん【安楽庵策伝】
1554~1642 江戸初期の説教僧・笑話作者・茶人。俗名未詳。京都、誓願寺住職。晩年は誓願寺塔頭竹林院に隠居して茶室安楽庵を営み、風雅を楽しんだ。狂歌作者として広く諸人と贈答。安楽庵茶道の流祖。著「醒睡笑」「策伝和尚送答控」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

安楽庵策伝
あんらくあんさくでん
[生]天文23(1554).美濃
[没]寛永19(1642).1.8. 京都
安土桃山時代~江戸時代初期の笑話作者,説教僧。俗名,平林平太夫。別号,醒翁。幼時から仏道に入り,京都誓願寺の住職となる。咄 (はなし) を得意とし,狂歌を多作,また茶道もたしなんだので,豊臣秀吉,板倉重宗,関白近衛信尋などの権門に出入りするようになり,烏丸光広,松永貞徳,林羅山,金地院崇伝ら当時の一流知識人との交流もあった。著書『醒睡笑 (せいすいしょう) 』は,板倉重宗の求めによってつくられたもので,咄本 (はなしぼん) の最初の作として,後世への影響が著しい。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

安楽庵策伝
あんらくあんさくでん
(1554―1642)
近世初頭の説教僧。美濃(みの)国(岐阜県)の人。幼年期に浄土宗の僧となり、青年時代に山陽、近畿地方で説教僧として活躍。美濃の浄音寺住職を経て、1613年(慶長18)京都の大本山誓願寺55世住職となる。同寺在住中に京都所司代板倉重宗(いたくらしげむね)の依頼で笑話本『醒睡笑(せいすいしょう)』8巻を著作し、同書が完成した1623年(元和9)に誓願寺塔頭(たっちゅう)竹林院に隠居し、茶室安楽庵で風雅な生活を送る。この間に『百椿集(ひゃくちんしゅう)』『策伝和尚送答控(おしょうそうとうひかえ)』を書く。策伝は僧、茶人、文人としてそれぞれの道に名を残したが、快弁をもって落し噺(ばなし)を説教の高座で実演し、その話材を『醒睡笑』に集めたため、落語の祖としての名声がもっとも高い。[関山和夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あんらくあん‐さくでん【安楽庵策伝】
江戸初期の僧、文人、茶人。美濃国の人と伝える。六〇歳にして京都誓願寺法主となり、退任後境内に竹林院を創設。茶室安楽庵を営む。笑話集「醒睡笑」を著わす。天文二三~寛永一九年(一五五四‐一六四二

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

安楽庵策伝」の用語解説はコトバンクが提供しています。

安楽庵策伝の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation