@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

安田財閥【やすだざいばつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

安田財閥
やすだざいばつ
安田善次郎によって築かれた財閥金融業を中心とした財閥で,その傘下に有力な事業会社をもたなかったが,金融支配力が大きかったので,三井三菱住友とともに四大財閥の一つに数えられた。善次郎は元治1 (1864) 年両替商安田商店を創業,1876年第三国立銀行,80年安田商店を改組して安田銀行を設立,この2行を中核として多くの銀行を支配下におさめ金融界に確固たる地位を築いた。 84年安田一族の財産・事業管理を目的として保善社を設立,1912年これを合名会社に改組,同社を統轄機関として多角的事業に進出した。 23年安田銀行傘下の銀行を大合同して規模を拡大,また安田生命保険,安田信託,帝国海上火災保険などが傘下で成長したが,産業部門では帝国製麻以外は弱体であった。独自の有力な事業会社をもたなかった反面日本鋼管を中心とした浅野財閥昭和電工を中心とした森コンツェルンとは金融的に密接に結ばれていた。第2次世界大戦後,持株会社である安田保善社解散によって解体したが,安田銀行の後身である富士銀行を中心として,再び有力な企業集団芙蓉グループを形成した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

やすだ‐ざいばつ【安田財閥】
安田善次郎が築いた財閥。安田保善社を拠点にして銀行業を中心に発展したが、翼下に有力な産業部門を持たなかった。第二次大戦後、GHQ指令で解体。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

やすだざいばつ【安田財閥】
四大財閥の一つ。明治・大正期の実業家安田善次郎が一代で築きあげた銀行,保険など金融業を中心とした財閥。 1864年(元治1)に安田善次郎が江戸で始めた銭両替商安田屋が出発点となった。安田屋は66年(慶応2)に安田商店と改称,80年には安田銀行に発展した。その後,安田銀行とその姉妹銀行である第三国立銀行(1876設立)を両輪として発展し,千葉第九十八国立銀行,鳥取第八十二国立銀行などの地方銀行も傘下に収めた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

やすだざいばつ【安田財閥】
四大財閥の一。安田善次郎が安田保善社(1912年創立)を中心に、第一次大戦後幾多の地方銀行を合併し、産業部門には発展を欠いたものの、強大な資金力を誇る金融財閥であった。第二次大戦後、 GHQ の指令により解体。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

安田財閥
やすだざいばつ
第二次世界大戦前の四大財閥の一つで、安田善次郎(ぜんじろう)が一代で築いた金融中心の財閥。1866年(慶応2)設立の安田商店が母胎で、幕末・維新期の貨幣・金融の混乱期に多大の資本蓄積に成功した。76年(明治9)に第三国立銀行を設立、80年には安田銀行を設立、82年創立期の日本銀行理事に就任、以後、政府日銀を背景に不安定だった多くの銀行を合併ないし支配下に置き、さらに生命保険および損害保険会社を設立した。日清(にっしん)戦争の前後には硫黄(いおう)鉱山、紡績、倉庫、製釘などを直営し、鉄道、電力、築港に活発に投資した。ただし、三井、三菱(みつびし)と違って学卒者などの人材を養成しなかったため、金融以外の直営事業は成功せず、明治末年からはもっぱら金融中心の発展が指向された。安田家の資産を合理的に運用するために、保善社という組織が1887年に設立されたが、これは1912年(明治45)1月には資本金1000万円の合名会社に改組されて、関係銀行・会社に対する管理機関となった(25年に安田保善社と改称)。第一次世界大戦後には安田銀行を中心に関係銀行が合併し、23年(大正12)には公称資本金1億5000万円の安田銀行が形成され、一時は財閥随一の資本力をもつに至った。しかし、有力な産業部門をもたず、最大の融資先の浅野財閥が経営難に陥ったため、昭和初年の不況期には財閥としての実力を発揮できず、危機に直面した。
 第二次世界大戦終戦時の安田保善社の直系会社は20社、その公称資本金は約5億円であったが、財閥解体ののち、これらの資力と人材は、安田銀行の後身である富士銀行系の企業グループに継承された。なお、富士銀行は2002年(平成14)第一勧業銀行、日本興業銀行との分割および合併により、みずほ銀行、みずほコーポレート銀行に統合・再編されている。[由井常彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

やすだ‐ざいばつ【安田財閥】
安田善次郎によって創立され、安田保善社を主軸に金融業を中心として成長した財閥。大正一二年(一九二三)安田系銀行を大合同して飛躍的に発展したが、翼下には有力な産業部門を欠いていた。第二次世界大戦後、財閥解体指令によって保善社は解体したが、安田銀行は富士銀行(現みずほ銀行)として発展。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

安田財閥」の用語解説はコトバンクが提供しています。

安田財閥の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation