@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

安芸灘【あきなだ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

安芸灘
あきなだ
広島湾南東水域。西は倉橋島により広島湾と分けられ,東は (ひうち) ,南は伊予灘に接する。海底勾配瀬戸内海中最大。南東部 (いつき) 灘と呼ぶ。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

あき‐なだ【安芸灘】
広島県南西部・山口県南東部と愛媛県北西部の間の海域瀬戸内海の一部。東西45キロメートル、南北30キロメートル、平均深度36メートル。東が倉橋島上蒲刈(かみかまがり)島下蒲刈島大崎下島、南東が愛媛県高縄半島で区切られる。本州と四国を結ぶ航路がいくつもあり、船の交通量の多いところ。漁業も盛ん。東部を斎(いつき)灘という。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あきなだ【安芸灘】
広島県芸予諸島と愛媛県高縄半島にはさまれた海域。東は来島(くるしま海峡を介して燧(ひうち)灘に,西および南西は倉橋島と防予諸島東半(中島など)を隔てて広島湾および伊予灘に通じる。この灘の南半を斎(いつき)灘ともいう。海底は深度50m前後,ほぼ平たんで,潮流の最大速度は海峡付近で大きい(来島で秒速2.7m,部屋ノ瀬戸で1.7m)が,灘では0.5m未満である。航路として南北に広島~松山,広島~今治,東西に大阪~別府がある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

安芸灘
あきなだ

瀬戸内海の一部で、広島県南西部と愛媛県北西部に挟まれた海域。東は来島(くるしま)海峡、北は大崎下(おおさきしも)島、上蒲刈(かまがり)島、下蒲刈島、倉橋島、西は伊予中島、南は愛媛県高縄半島に囲まれている。安芸灘の東部は斎灘(いつきなだ)ともいう。この海域は瀬戸内海を東西に結ぶ主航路が通り、また広島、呉(くれ)と松山を結ぶ芸予(げいよ)航路も走っているので、船の交通が多い海域である。海域がそれほど広くないので、冬季海が荒れることは少ない。

[北川建次]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あき‐なだ【安芸灘】
瀬戸内海西部の海域。芸予諸島と防予諸島の間の水域。東は燧灘(ひうちなだ)、南は伊予灘、西は広島湾で区切られる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

安芸灘」の用語解説はコトバンクが提供しています。

安芸灘の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation