@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

安食荘【あじきのしょう】

世界大百科事典 第2版

あじきのしょう【安食荘】
尾張国春部(かすかべ)郡安食郷(現,愛知県春日井市南西部,西春日井郡南東部,名古屋市北区)内の荘園。914年(延喜14)統正王が京都醍醐寺に施入したことに始まる。その後収公されたが,1143年(康治2)もとのごとく醍醐寺領とされ,以来三宝院領。田地160余町,畠地120余町を含む680余町。在家70宇。東は柏井荘,西は味鏡(あじま)郷・高田保隣接。美絹町別1疋,菓子,酒等を負担。承久の乱後改補された地頭の押妨に対し,1281年(弘安4)開発相伝領主毛受(めんじよう)袈裟鶴丸(能実,道観)を預所とし,年貢200貫文を請け負わせた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

安食荘」の用語解説はコトバンクが提供しています。

安食荘の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation