@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

宋江【そうこう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

宋江
そうこう
Song Jiang
中国,明の小説『水滸伝』の主人公。実在人物で,北宋末の宣和3 (1121) 年に淮南農民反乱を起し,35人のおもだった部下を率いて一時かなりな勢力であったが,やがて降伏したことが『宋史』に断片的に記されている。南宋から元にかけて講談題材に好んで取上げられ,それが波乱万丈の物語『水滸伝』に発展していった。作中の豪傑たちのなかで大衆に人気のあるのは魯智深李逵 (りき) といった奔放不羈な野人で,統領の宋江はやや型にはまって描かれており,魅力に乏しい。この点,『三国志演義』の劉備,『西遊記』の三蔵法師と共通する性格といえよう。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

そうこう【宋江 Sòng Jiāng】
中国の小説《水滸伝》に登場する梁山泊の108人の豪傑たちの統領。字は公明,綽号(しやくごう)は呼保義,及時雨山東省鄆城(うんじよう)県の押司(下級の書記官)で,信義にあつく人望があった。あって妾の閻婆惜を殺し,江州に流刑となるが,そこで作った詩が謀反の罪に問われ,死刑になるところを救われて梁山泊の仲間に入り,のち統領の晁蓋が死んだ後を継いで統領となる。彼は,単なる盗賊であった梁山泊に〈天に替わって道を行う〉という大義名分を与え,その後は朝廷に帰順して,対遼戦争や方臘(ほうろう)の乱鎮圧などに大功をたてた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

そうこう【宋江】
小説「水滸伝すいこでん」の主人公。梁山泊りようざんぱくにたてこもり一〇八人の豪傑たちを率いて官軍と戦った。のち朝廷に帰順し方臘ほうろうの乱鎮圧で大功を立てたが、姦臣にねたまれて毒酒をあおって死んだ。北宋末に山東で反乱を起こした宋江をモデルとする。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

宋江
そうこう
中国の小説『水滸伝(すいこでん)』に出る盗賊108人の首領の名。宋の徽宗(きそう)の世に姦臣蔡京(かんしんさいけい)、高(こうきゅう)などの迫害を受けて、やむをえず山東省の梁山泊(りょうざんぱく)に立てこもって官軍に抵抗したが、本心は天にかわって道を行うにあり、のちに帰順して浙江(せっこう)の賊方臘(ほうろう)を滅ぼして大功をたてたが、かえって姦臣などに憎まれて毒殺されたと語られる。
 しかし、史上に現れる実在人物としての宋江は、北宋末のわずか数年の間にその名が現れるだけで、その記述に矛盾撞着(どうちゃく)があるので、これは1人ではなく、別人2人とせねば解釈できない。1人は方臘討伐軍の総帥童貫(どうかん)の部将で、童貫が都を出発するときから、方臘平定ののちまで官軍のなかに名を連ね、他の1人はほぼ同じ期間中に山東淮南(わいなん)地方で36人の仲間とともに略奪を続けていた。[宮崎市定]
『宮崎市定著『水滸伝』(中公新書)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宋江」の用語解説はコトバンクが提供しています。

宋江の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation