@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

完全変態【かんぜんへんたい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

完全変態
かんぜんへんたい
complete metamorphosis
昆虫における変態の一型で,幼虫が不活動体のを経て成虫になる現象。脈翅類より高等な昆虫類 (トビケラ類鱗翅類鞘翅類膜翅類双翅類など) でみられる。この過程はホルモンに支配され,アラタ体幼若ホルモン前胸腺ホルモンによって,蛹化,成虫化が起る。完全変態類では,幼虫独特の幼虫器官が著しく発達し,また幼虫,蛹,成虫の間で構造と習性の変化が激しい。完全変態には,程度により原完全変態,真完全変態,また特殊な例として多変態,過変態,隠変態などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かんぜん‐へんたい〔クワンゼン‐〕【完全変態】
昆虫が幼生ほかさなぎ段階を経てから成虫になること。チョウなどにみられる。→不完全変態

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かんぜんへんたい【完全変態】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かんぜんへんたい【完全変態】
昆虫の変態の一型。幼虫が蛹さなぎの段階を経て成虫になる現象。アミメカゲロウ目・チョウ目・コウチュウ目・ハエ目などにみられる。チョウがその例。 → 不完全変態

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

完全変態
かんぜんへんたい
昆虫が、形態および構造上、明確に区別できる幼虫期、蛹(さなぎ)期を経て成虫へ変態する様式をいう。チョウ、ガなどの鱗翅(りんし)類、ハエなどの双翅類など、比較的高等な昆虫にみられる。この種の昆虫では、はねの原基をはじめ、成虫になって初めてみられる器官の原基(成虫芽)は幼虫体内に隠されており、幼虫脱皮ごとに細胞数を増し、前胸腺(ぜんきょうせん)ホルモンのみが働いたときに器官へ分化する。[竹内重夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かんぜん‐へんたい クヮンゼン‥【完全変態】
〘名〙 昆虫類の変態形式の一種。幼虫が成虫になるまでに、さなぎという特殊な段階を経るもの。チョウ、ガ、ハチ、ハエなどに見られる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

完全変態」の用語解説はコトバンクが提供しています。

完全変態の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation